今月ブシロードの海外展開TCGとして発売された「DRAGOBORNE」(ドラゴボーン)
「ドラゴンボール」や「ドラコバーン」では無い
DRAGOBORNE 1
これまでも国内で展開していたキャラ物TCGの「英語版」を海外で販売していたブシロードだが、遂に「海外展開用新規TCG」を発表した
海外展開に重点を置き、日本国内販売分も「日本語版」は無く「英語版」オンリーになっている

私は新作TCGに目がないで買ってみた

ブシロードのゲーム??


トライアルデッキの内容物は
・構築済みデッキ53枚
・ダイス3つ
・ルールブック
・紙製プレイマット
・PRード

勿論カード以外も英語のみ、翻訳された物は日本の公式サイトで公開されている

このルールを読んだ第一印象は「ブシロードぽくない」と思った
幾つか箇条書きすると

・ダイスを3つ使う
毎ターンダイスを振って攻守どちらにダイスを割り振るか考える事になる
これまで基本的な戦闘のやりとりはカードのみでやってきたブシロードにしては斬新なシステムだ
面白いのはダイスの使い方で「攻撃判定」や「ダメージ値決定」に使うのではなく、ダイスの値を見て「クリーチャーの強化」か「相手の攻撃を防ぐ盾」としてマーカーの様に扱う事だ
ダイスを強化に割り振り攻めるか、防御に割り振ってガチガチに固めるか、バランスよく配置して対戦相手の動きを警戒するか、或いはブラフを仕掛ける事もできる
ダイスだけで色々なパターンと戦術が考えられるだろう

・リソースが有色である
リソースは毎ターン任意でデッキトップからカードを1枚リソースとして置く事が出来る(※後述するが、このリソースシステムは100%運ではない)
カードをプレイする時は、コスト分のリソースをタップする必要がある(MTGやDM等の所謂「マナシステム」)
また「最低1枚はプレイするカードと色が一致している必要」がある(これはDM)
他のブシロードTCGでは「リソースは無色、カードは有色、プレイ制限は別にあり」と言う事が多く、リソースに色がつくのは珍しい

・色事故防止のための工夫
このゲームでは「マナシステム」を利用しているTCGが抱える問題を解決しようと工夫が見られる
まず先に説明したデッキトップからリソースを供給するシステムにより、毎ターン確実にリソースを伸ばす事が出来る
手札によってリソースが置けなくなったり、目的のコストに到達出来なくなる問題が発生しない
もう一つは「バナー」と呼ばれるゲーム開始時から場に出ているリソースの存在
ゲーム開始時から3枚のリソースが用意されている事で、(均等3色なら)色事故が発生せず手札のカードをフルに使って戦う事が出来る
純粋にデッキ構築の技術と手札を上手く使えたプレイヤーが有利になる様になっているのだ

・見えるブラフ
もう一つ「運を排除した」要素として「アンブッシュ」がある
これは「アンブッシュ能力を持つカードはアンブッシュコストを払って裏向きでカードを置く、カードに記載されたタイミングで発動」と言う物、MTGの「変異」と言えば多くの人は理解して貰えるだろう(マニアックな人にはFOWの「詠唱待機」を想像して欲しい)
そして、これが唯一対戦相手の行動に対応出来るカードになる
このゲームでは基本的に対戦相手のターンに「手札のカードをプレイ」する事は出来ない
つまり罠は「見える」のだ
ブシロード製TCGの多くが「対応して手札を消費する」システムだったが、このゲームでは自分ターン「場に配置」して待たなければいけない
つまり、対戦相手にブラフを仕掛ける場合は「ダイス」と「アンブッシュ」を効果的に使う必要がある
目の前にダイス盾とアンブッシュがある場合「ダイス盾を破壊するのが正しいのか?」「アンブッシュ側の場を攻撃する事が正しいのか?」考える事になる

・防御が選べる
基本的にブシロードのTCGは「攻める側が攻撃対象を選んだら強制防御」になっている(「カオスTCG」等は例外だけど)
なんと「DRAGOBORNE」は「防御側が防御しない」事を選べるのだ
わざと受けてクリーチャーを残したり、有利な場の維持して攻めに転じる事が出来る
また、必ずしも攻撃する事が正しいとは限らない
「アンブッシュ」の事もあるが、このゲームでは攻めると大きな隙が生まれ反撃を許してしまうからだ

・ゲーマー向けである
このゲームは非常にガッチガチなカードゲームだ
私がこれまで見てきたブシロードのゲームは「TCG未経験者にも解りやすい」「見栄えが良く視覚的にパワーバランスが解る」「(ルール上)攻め有利な爽快感」「ほどよい運要素によって実力差をカバー」「アニメ連動のエンタメ重視」と言う方針で成功して来た様に見える
このTCGに関してはTCG黎明期、第一次TCGブームのゲーマーが好みそうな香りがする
妖精伝承とかレイフィールドとかあそこらへんの頃のね

個人的にゲームとしては面白いだろうと思う
最初こそルールブックを読んで「意味が解らん」と思っていたが、各種カード能力やプレイ動画を見ていると考えるべき事が多く面白そうに見える
ちょっとライトユーザー向けでは無いルールに見えるが、リソース周りは工夫がされているからルール自体は難しくない
よく調整されたルールだと感じる

ドラゴボーントライアルデッキ


トライアルデッキは3種
Shadow Legion』(黒赤黄)
Mystical Hunters』(緑黄青)
Alpha Dominance』(赤青緑)

それぞれ英語だが公式にカードリストが載せてあるので読んでおこう

注意が必要なのは封入されている「PRカード」
これは翻訳されていない上にイラストすら情報が無い

ちょっと見てみよう

『Shadow Legion』のPRカード「Alluring Temptress」
DRAGOBORNE 4
色:黒
カードタイプ:クリーチャー
種族:サキュバス
コスト:4
攻撃力:3
防御力:3
能力
デッドリー
[自動][ドラゴンクロス赤]このクリーチャーがバトルでクリーチャーを破壊した時、カードを1枚引く

黒のドロー付きクリーチャー
デッドリー持ちでブロッカーとしても悪くない
イラストがエロイ

『Mystical Hunters』のPRカード「Merchant of Scrolls」
DRAGOBORNE 2
色:青
カードタイプ:クリーチャー
種族:マーフォーク
コスト:2
攻撃力:2
防御力:2
能力
このクリーチャーが攻撃した時、カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。これによりスペルカードを捨てた場合、このクリーチャーが[ドラゴンクロス黄]なら、カードを1枚引く。

翻訳の文が怪しいがルーター持ちクリーチャー
もし[ドラゴンクロス 黄]状態でスペルカードを捨てたら追加で1ドロー出来る
青をメインで使うなら必須になりそうな能力な気がするが・・・攻撃誘発が微妙かもしれない

『Alpha Dominance』のPRカード「Aldienne,Verdant Protector」
DRAGOBORNE 3
色:緑
カードタイプ:クリーチャー
種族:天使
コスト:3
攻撃力:3
防御力:3
能力
[自動]このクリーチャーを召喚した時、あなたのバリアを1つ選び、それを他のフォートに移動してもよい
[自動][ドラゴンクロス 青]このクリーチャーが[ドラゴンクロス 青]した時、相手のダイス2つを選び、それらの値を交換する

バリアとダイスを変更するカード
色々と悪さができそうなカードで、ダイスの値変更は対戦相手のプランを崩す事が出来るだろう
対戦相手のドラゴンクロス効果を引き剥がしたり、シールドとブロッカーのドラゴンクロスの値を入れ替えて攻めたりと悪さが出来る

※カード評価は信用しないように

さて構築済みデッキが3つある事だし「3個1デッキ」を作ってみよう
このゲームの説明書にある「推奨のデッキ構築」に合わせて構築してみる事にしよう
・デッキは30~40枚のクリーチャー、10~20枚のスペル
・カードの色は均等に入れる
・投入するカードは1~3コストを中心にする。アンブッシュは2コストとカウントする


推奨コストカーブ
コスト1 10枚
コスト2 12枚
コスト3 10枚
コスト4 10枚
コスト5以上 8枚


まずはメイン3色を決めよう
このゲームフォートに置けるクリーチャー制限の存在により除去カードが強力・・・な気がするのだが、除去を担当する「黒」にロクな除去カードが無い
強制防御持ちの「Lady Valistra, Bloodlines Tormented」は魅力的だが諦めよう

「青」は難しそう
現時点ではダイス変更の強さが未知数で、レスト系スペルは強そうだがまとめるのが難しそうに見える
全体的に決め手に欠ける
正直、今の私では強い構築のイメージが浮かばない

そこでやる事が解りやすい「赤緑黄でデッキを作りたい
現時点でこのゲームは、恐らくウィニーやスライ系デッキが強いと思っている
まず除去が重く軽いカードならテンポが取りやすい事、軽いカードもドラゴンクロスで強化しやすくパンプアップカードが軽い為コストによるサイズ差を誤魔化せる
手札を消費しないリソースシステムにより手札が減らない(&バリアで手札が増える)フル展開出来る
他にも1対1の戦闘システムで物量による押し切りが可能な事や、フォート1つを守りきれば勝てるシステム等スライ系にする利点は多い

そこで「軽量カードにも耐えられる」&「テンポを取りながら殴り返せる」事をコンセプトに防御的なデッキを考えてみた

「赤緑黄カウンター」
クリーチャー
黄(12枚)
Elegant Fencer 2枚
Earthen Guard Golem 4枚
Sunscale Sage 4枚
Axion, Herald of Armies 2枚
緑(14枚)
Kingslayer Bee 4枚
Elven Farstriker 2枚
Primeape Javelineer 4枚
Thornbark Walker 2枚
Remus, Hunter Adept 2枚
赤(18枚)
Highlands Rogue 4枚
Goblin Toestabber 2枚
Ravian, Battlefield Shrieker 2枚
Hidden Blade 4枚
Wandering Orc 4枚
Izarco-Tvash, Born of Magma 2枚
スペル
黄(2枚)
Althaine's Blessing 2枚
赤(4枚)
Pyroblast 2枚
Torch 2枚

ルールブックのコストバランスを忠実に守り、クリーチャーとスペルの枚数を寄せた物

序盤は1コストのカードを並べてアンブッシュでサポート
序盤を耐えたら「Elven Farstriker」や「Axion, Herald of Armies」で盤面をガッチリ固める
後は割られたバリアを回復する「Remus, Hunter Adept」や除去内蔵の「Izarco-Tvash, Born of Magma」で攻める
防御を固めてしっかりダメージレースを制す事を目指すデッキ

いくつか個別にカードを見ていこう

Elegant Fencer
色:黄
カードタイプ:クリーチャー
種族:エルフ
コスト:1
攻撃力:1
防御力:1
能力
[自動] このクリーチャーの攻撃で[ドラゴシールド]を破壊した時、カードを1枚引く。

ドロー能力内蔵クリーチャー
相手がドラゴンシールド1を張ったら割ってドロー、2以上なら状況と相談しつつ「ドラゴンクロス」して1ドロー
パンプ能力と組み合わせても面白い
ハンドアドバンテージを生み出すカードが弱いはずがない

Earthen Guard Golem
色:黄
カードタイプ:クリーチャー
種族:ゴーレム
コスト:3
攻撃力:1
防御力:5
能力
アンブッシュ[②] (②を払い、手札からこのカードを自分のフォート1つに裏向きでプレイしてもよい。)
[自動] このフォートが攻撃された時、このカードがアンブッシュなら、このクリーチャーを召喚してもよい。

アンブッシュ持ちで固い
序盤なら第二のドラゴンシールドとして使えるかもしれない
時間稼ぎ要因

Axion, Herald of Armies
色:黄
カードタイプ:クリーチャー
種族:ケンタウロス
コスト:5
攻撃力:4
防御力:4
能力
[永続] このフォートにクリーチャーを3体まで置ける。
[自動] [ドラゴクロス 黄] あなたの[ドラゴシールド]が破壊された時、このクリーチャーを[スタンド]し、他のフォートに移動してもよい。

1つのフォートにクリーチャー2体制限と言うルールをぶち壊すカード
終盤1つのフォートを固めたり、消耗戦で中で能力を活かす事が出来るかもしれない
2番目の能力を誘発できれば攻防一体のカードとして活躍してくれそうだ
ルールブレイカーがゲームにどんな影響をあたえるのか気になる1枚
私はイラストを見て「馬に乗った棋士」と思っていたのだが「ケンタウロス」らしい・・・よく見ないと解らない

Kingslayer Bee
色:緑
カードタイプ:クリーチャー
種族:虫
コスト:3
攻撃力:3
防御力:2
能力
アンブッシュ[②] (②を払い、手札からこのカードを自分のフォート1つに裏向きでプレイしてもよい。)
[自動] このフォートが攻撃された時、このカードがアンブッシュなら、このクリーチャーを召喚し、相手のクリーチャーを1体選び、[レスト]してもよい。

このクリーチャーを召喚しつつ追加で1体止めてくれるユーティリティカード
中盤なら「ドラゴンクロス」中のクリーチャーをレストして強烈なカウンターを食らわせる事が出来るかもしれない
返しに「アサシン」を付けて攻撃しても面白い

Elven Farstriker
色:緑
カードタイプ:クリーチャー
種族:虫
コスト:3
攻撃力:3
防御力:2
能力
[永続] あなたの緑以外のクリーチャー1体につき、このクリーチャーを+1/+1する。

他に(緑以外の)2体以上クリーチャーがいれば優秀なスペックを持つクリーチャー
初見では「都合よくクリーチャー2体以上並ばないだろう」と思っていたが、アンブッシュや軽めのカードを使えば条件を満たしやすい気がする
リソースが増える事で活躍するタイプのクリーチャー

Primeape Javelineer
Wandering Orc
色:
カードタイプ:クリーチャー
種族:
コスト:4
攻撃力:5
防御力:4
能力
なし

緑と赤にある4コストバニラの5/4クリーチャー
同コスト帯でサイズがデカイ事に悪い事は無い
3コストクリーチャーには一回り大きく素のスペックなら無傷で倒す事が出来る
このゲームが「サイズ=正義」ならば活躍してくれるだろう

Remus, Hunter Adept
色:緑
カードタイプ:クリーチャー
種族:狼男
コスト:6
攻撃力:6
防御力:6
能力
[自動] このクリーチャーがブロックされた時、カードを1枚引く。
[自動] [ドラゴクロス 黄] このクリーチャーがフォートにダメージを与えた時、あなたのバリアの数が3枚以下なら、あなたのフォートを1つ選び、デッキの上から1枚をバリアとしてそのフォートに置く。

個人的に「スターター最強カード」だと思っている
まず1番上の効果からおかしい
ドラゴンシールドだろうが何だろうがブロックされれば1ドロー、アタックするだけでアドバンテージを生み出す
サイズも6/6と大きくブロックされても問題無いだろう
もし相手が攻撃をスルーした場合は「バリア回復効果」が誘発する
殴って相手のバリアを減らしつつ自分のバリアを増やす・・・強すぎる(と思う)

Goblin Toestabber
色:赤
カードタイプ:クリーチャー
種族:ゴブリン
コスト:1
攻撃力:1
防御力:1
能力
[自動] このクリーチャーを召喚した時、[ドラゴシールド]を1つ選び、1ダメージを与えてもよい。
[永続] [ドラゴクロス 黒] このクリーチャーを+1/+1する。

出た時にシールドを削れば攻撃回数を減らせるかもしれない
何度もダイス3つを振る訳だから1回ぐらいは「ドラゴンシールド1」のフォートが現れるだろう
上手く使えば1コストクリーチャーでも化けるかもしれない

Ravian, Battlefield Shrieker
色:赤
カードタイプ:クリーチャー
種族:天使
コスト:3
攻撃力:3
防御力:2
能力
アンブッシュ[②] (②を払い、手札からこのカードを自分のフォート1つに裏向きでプレイしてもよい。)
[自動] 相手のターン中、このフォートにいるクリーチャーが破壊された時、このカードがアンブッシュなら、このクリーチャーを召喚し、相手のクリーチャー全てに2ダメージを与えてもよい。

対戦相手がドラゴンシールドの無い、弱いクリーチャーのみのフォートへ攻撃して来た
そこでチャンプブロックするだけになってしまうと展開が苦しくなってしまうが、このカードがあれば「仕方なく行ったチャンプブロック」が逆転への布石となるのだ
相手クリーチャーを複数体除去できれば美味しい
わざと攻めやすいクリーチャー配置にして罠にハメるのも良いだろう

おわりに

軽くルールとデッキ構築について考えてみたが如何だっただろうか?

個人的にこのゲームは「イラストが素晴らしいTCG」だと思っている
キャラクターデザインが「日本風」なのにイラストのタッチでバタ臭さを感じるのはGOOD
是非手にとって見て欲しい

あと興味ある人は大会に出て欲しい
新規TCGで熟練者もいない環境、ルールも覚えたての人が多い
よくある「大会は熟練者ばかりで怖い」なんて事も無い
DRAGOBORNE  6
↑参加賞も魅力的だから参加するだけでも美味しい

ダイスを振るTCG、やってみようじゃないか!

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line

花見


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事
line
今回はイベント「ブラッド・ローズ・ガーデン」の結果まで書いていこう
さて勝率は5割キープ出来たのか、それとも運に恵まれ6割、7割になっているのか?

86日目はサテライトに300円、ターミナルに100円投入
COJ  2017年6月1日

COJ 2017年6月1日戦績
「紫」に2回も負ける
最初の「インターセプト型紫」は、「イシス」からデッキをぐるぐる1周させるタイプで火力でグイグイ押してくる
特別フィニッシャーをおかず「アザゼル」や「ルキフグス」で焼け野原を殴ってくる
このデッキの怖い所は「ルシファー」や「パイモン」を警戒して温存プレイをするとずるずると不利な盤面を引きずる事になる事で、中々対戦相手のコントロールから抜ける事ができなくなる
割りとリカバリーが早く「イシス」切ってゲージ回収とボードコントロールを優先し、再度「イシス」登場から手札をぐるぐると回される事になる
使用するプレイヤーのセンスも良いのだろう
「パイモン型」はゲージ4を維持しながらパイモンで号令をかけてくるデッキタイプだ
「ルシファー」や「インターセプト」を主体としたデッキよりは戦いやすいけれど、盤面制圧力はどのタイプよりも高い
本人が「加護」持ちで単体除去を受けないのも強力、お供を破壊しながらすれ違いで殴っていくしかない
もう一つ負けた「赤単」は速攻デッキ
適当に殴られてから1コストユニット展開からの野球こと「勝負どころ」で終了(1ターンで4点くらい0-2で負ける)
これまでも「勝負どころ」を入れたデッキや当たった事はあるもののリードしていたり、撃たれる前に勝っていたので「並べられて野球」は初めて
こりゃ叩かれる訳だね

87日目はサテライトに200円、ターミナルに800円投入
COJ  2017年6月2日

COJ 2017年6月2日戦績
最初に負けた「青紫魔道士」は、中盤まで「紫タッチ青」と思って戦ってた
だからハンドには紫の火力対策ユニットを抱えていたんだけど、その対策ユニットを的確に除去されていくとテンポで勝てなくなってくる
どう考えても勝てない手札を抱えてサレンダー
「ギルティソーサラー」出た時点で気がつくべきだった
次の「紫」は入ってるカードの9割が見かけないカードで「スライムさん」やら「スピリット」やら「ラベンダーの大地」に翻弄される
これらの見かけないカードにアドバンテージを取られ「クラブゲイナー」なんかでプレッシャーをかけてくるんだから堪ったものではない
最終的に「毘沙門」からパンパンと殴られて負け
構築でもプレイヤー自身でも大敗、リアルで「つえー勝てねぇよ」と呟いてしまった
最後はオーソドックスな「紫」
ゲージ貯めて防御抜けそうなら「ルシファー」、そうでないなら火力でコントロールするデッキだ
割りと善戦してライフを2まで攻めるもののユニット並べられて「ルシファー」からライフが5点飛び敗北

88日目はサテライトに100円、ターミナルに100円投入
COJ  2017年6月3日

COJ  2017年6月3日戦績
なんと3戦全勝!!
書くことが無いよ

89日目はサテライトに200円、ターミナルに100円投入
COJ 2017年6月5日

COJ  2017年6月5日戦績
最初の緑単はプレイミスからリードを許してしまい負ける
緑には有利だけど単純なプレイミスをリカバリー出来ないと負ける
単純なBP勝負では負けてしまう為、序盤はなんとか戦闘避けてアタッカーを封じる必要がある
そこでミスするとだいたい負ける
ラストの紫は普通に負ける
珍しくブリハンに勝てたのに紫は克服できず

とこれでイベント終了
結果へ

COJ  ブラッド・ローズ・ガーデン結果1
58戦33勝25敗
やっぱり勝率5割!!
もう少し勝ててれば・・・

COJ  ブラッド・ローズ・ガーデン結果2
プロモをゲット
「狂愛のローザ」は能力をカウンターする術が少なく強そう
このカードから攻めるパターンを作るデッキも面白そうで、「花の高原」「救いの神風」から「プラウドドラゴン」「飛翔のジズ」で盤面をひっくり返しつつ対戦相手の喉元に刃先を突き立てたい
面白いプロモは嬉しい!!

次回からは通常の全国対戦の日記になると思う
それでは!!



↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
line

line
日付け
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
29位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line