既に公開されている自作TCGを見てみよう

前回、【自作TCG】自作TCGを作ってみて解った事、考えていた事の締めで、自作TCGは目に触れる機会が少ない書きました
なので、この記事では既に公開されている(完成・未完成は問わず)見ていこうと思います
今回は、私のTwitterをフォロワー中心に見ていこうと思います(漏れがあったらすいません)

自作TCGを見ていこう!!


早速、見ていきましょう!!
殆どの自作TCGではホームページ上で体験版PDFを公開しているので、気になる作品を見つけたらダウンロードしてみましょう

幻想戯作

公式ページ→幻想戯作
なかなかに硬派な自作TCG
私のブログでも何度か紹介記事、攻略記事を書いたカードゲームです
【同人TCG】幻想戯作の基礎
【同人TCG】幻想戯作デッキレシピ「青緑ワラワラ」
【同人TCG】幻想戯作デッキレシピ・金水テンポデッキ
勝利条件は、対戦相手のライフを0にする(初期状態:250点)
このカードゲームは、リソースとしてカードヒーローやバトスピの様に「カウンター」を利用します
慣れないとカウンターのコスト管理がシビアなゲームで、カードヒーローやバトスピの様に「ダメージを貰うとカウンター増加」と言った逆転要素も許さず、プレイヤースキルとコスト管理能力が物を言います
戦闘に関しても男らしく、攻撃意思をタップで示し、防御側がアンタップ状態のカードをタップする事で防御意思を示して、タイマンの殴り合いになります
最大の特徴は、盤面中央にある「アトモスフィア置き場」と言う3×2の領域で、自分側に影響を及ぶす領域と対戦相手側に影響を及ぼす領域で、お互いに「アトモスフィア」と呼ばれるカードを置くことが出来る事です
この「アトモスフィア」カードは、対戦相手側の「アトモスフィア置き場」領域にも置く事が可能なので、お互いにコントロール権を行使したり押し付けあったりします
他にも「属性の展開」や「無二」等、独自のルールも多く難易度は高いですが、多彩な戦術を楽しむ事が出来ます
このカードゲームのカードデザインは秀逸で、デッキからカードを引いて扇状にすると、カードの数値情報が左側に集めらている為、一目で確認する事が出来ます
プレイヤーに優しいデザイン
幻想戯作 手札

スピリアマテリアル

公式→スピリアマテリアル
だいこんで殴りあうゲームとして一部有名な自作TCG
幻想戯作と同じく、何度か攻略記事を書きました
【同人TCG】環境をちょっと考えてみる:3かいめ【スピリアマテリアルCG】
【同人TCG】 2016年 お年玉シート「東西南北」大研究【スピリアマテリアルCG】
ゲームの特徴は、大振りなカードで殴りあう爽快感です
現在環境に存在するデッキが、どれも化け物じみたパターンや破壊力を持って攻める事が出来る為、扱ってて面白い物ばかりです
勝利条件は、対戦相手の手札を0にしてダイレクトアタックする
リソースはリセやランブリングエンジェルの様な「手札」を利用するタイプで、プレイヤー自身のライフも手札枚数と直結しているので、捨てるカードを間違えると死ぬ事になります
戦闘自体は、前衛後衛が存在する攻撃指定タイプで、ダメージ一方通行のシンプルな物ですが(ダイレクトアタックは手札1枚を捨てさせる)、デッキ枚数によるゲームの先手・後手決定や初手に好きなカード1枚を持ってくる事が出来たりと、面白いルールが用意されています
ある種、究極的なメタゲームTCGなので、解ってる人と遊ぶと盛り上がります
第20回TCGのへや 12

エンゲージクロス

公式→やもいげーむす
一見するとドミニオンライクな自作TCG
私も何度か遊ばせてもらいました
【同人TCG】デッキをカスタマイズしていくカードゲーム「エンゲージクロス」とは?
勝利条件は、対戦相手のリアラインに6枚カードを置く(初期状態:0枚)
リソースはフィールドに置かれたカードで、ローダーと呼ばれる領域に置かれたカードを取る為に、カードに記載されている指定枚数のカードをタップしてコストを支払います
ローダーから取ったカードは、以降使用可能になりデッキを強化します
毎ターン規定のルールで自分の場と手札のカードを捨てられ、規定枚数引く事でデッキがぐるぐる回るシステムなので、序盤からガツガツカードを取ってデッキを強化する事が可能です
ローダーにあるカードは破壊される可能性もあるので、単純に強いカードを取ってデッキ強化を目指すだけでは無く、状況に応じた臨機応変な対応も求められます
戦闘方式は、横3枠のマス目上の領域を使って、タップで攻撃表示、防御側はアンタップ状態のカードをタップする事で防御表示となり、戦闘が行われます(防御表示するカードは攻撃側のカードと同ライン上のカードじゃなくてもOK)
防御には単体防御とダブルブロックのどちらかで対応する事が可能で、戦闘の処理によるカードの破壊は無く、攻撃側が防御側の数値を上回れば1点ダメージ(防御しない場合も1点ダメージ)、防御側が攻撃側の数値を上回れば完全防御となりノーダメージとなります
属性によって攻撃を通す手段も守る手段も豊富にあるので、プレイヤーに合ったテーマデッキが必ずあると思います
非常に完成度の高いカードゲームで、カードデザイン・ゲーム性共にメーカー製TCGのクオリティーです
第20回TCGのへや 11

語り部TCG

公式ページ→語り部
※現在はルールだけ公開されています
自由度の高い自作TCG
以前、TCGの集いで触らせて貰ったカードゲームです
同人TCGの集い 結果
勝利条件は、対戦相手の相手のライフを0にする(初期状態:18点)
リソースシステムは場のカードが特定の色を持ち、旧ガンダムウォーの国力の様な役割になっています(性質は違いますがヴァリアブルカードの様な扱いをします)
戦闘システムは、タップで攻撃意思を示して攻撃対象を指定するタイプで、防御側にアンタップ状態のカードがある場合のみプレイヤーへの攻撃が出来ません(戦闘システムはShadoweraに近い形)
戦闘可能なカードの種類が豊富で、「攻撃値と防御値を持つカード」「攻撃値のみのカード」「攻撃できない置物のカード」の3種類があります
ゲーム上の駆け引きとしては、展開されたカードを攻撃して未来の脅威を取り除くか、盤面を無視してプレイヤーをガンガン攻めていくかの選択を迫られる様になっています
かなり複雑なゲームシステムで独自用語も多く、ルールを覚える難易度もゲーム自体の難易度も高い印象を受けます
アナログカードではなく、デジタルカードゲームだと自動で処理してくれるので、カードに記載された情報量を減らしてルールの複雑さを感じさせなくなるかもしれません
語り部TCG

フォークロアの結晶

公式ページ→卓上ゲームを作ろう
色々とお手軽な自作TCG
勝利条件は、対戦相手のライフを0にする(初期状態:30点)
リソースは初期配置のパワーカード(MTGの土地、ラストクロニクルのSSの様な感じかなぁ)の利用、加えて手札を捨ててコストに充てる事も出来ます
これまで見てきたたカードゲームと違い、基本的なゲームシステムとしてモンスターによる殴り合いは無く、プレイヤー同士がダメージを与え合ってライフを削る様になっています(効果で「召喚」があります)
カードには優先度と耐久度が記載されていて、優先度によって対戦相手より早くカード処理を行ったり、対戦相手の攻撃によって処理する前にカードの耐久度が0になり破壊されたりします
同優先度になった場合の「パリィ」と呼ばれる処理が、単純なカードの出しあいだけでは無く、使用するカードの読み合いに貢献しているんだなと思いました
イラストレス、8枚デッキ、カードテキスト内だけで完結しているゲームデザインとシンプルで解りやすいゲームになっています
カードデザインも直感的に解りやすくプレイヤーに親切で、よく出来ているなと感心しました
今後、TCGの集いをやる時は遊んでみたいゲームですね
フォークロアの結晶 

フォークロアの結晶 2
早速カードメイクしてみました

ソウル・サモナー

公式ページ→ムサオファクトリー
進化と融合をテーマにした自作TCG
勝利条件は、対戦相手のライフを0にする(初期状態:5点)
リソースは無し、基本的に手札のカードはノーコストでプレイ出来る様になっています
代わりに「進化」や「ソウル召喚」を利用する時に、指定されたユニットが場と墓地に必要になってきます
戦闘方式は、攻撃対象を指定して攻撃する遊戯王タイプで、攻撃対象と数値を比較して勝てば対象のユニットを破壊、負ければ攻撃したユニットが破壊あれ、攻撃対象となるユニットがいなければプレイヤーへのダイレクトアタック処理になります
ゲームシステム上、基本的にはスペルを駆使してノーコストユニットでちまちま殴って勝利するタイプのカードゲームでは無く、ユニットの「進化」や「ソウル召喚」をスペルでサポートして、登場した強力な合体ユニットのカードパワーを楽しむカードゲームだと思います
ルール説明ページのゲームリプレイを読むと、ゲームの流れが解りやすいと思います(自作TCGのルール説明では、ゲームリプレイを載せていると解りやすいですね)
ライフ設定もカードパワーによる逆転劇が起こりやすい様に数値を調整してあるのでしょう
また、これから自作TCGを作る方は、630さんがデザイナーズノートにカードゲームを作る時に考えている事をまとめているので、一読してみると良いでしょう

CONFLICT of SAVIORS

公式ページ→CONFLICT of SAVIORS
ジュエルセイバーFREEを活かした自作TCG
自作TCGを作る時に課題となるのが「世界観構築」ですが、フリーコンテンツ化している「星宝転生ジュエルセイバー」の世界観をカードゲーム化する事で、上手くゲームの利点にまで昇華させています
勝利条件は、対戦相手のライフを0にする(初期状態:15点)
このゲームのリソースに当たる物は、ターンエンドとカードの「ダウン」状態処理時に発生する「ジュエル」です
「ジュエル」はキャラクターをセイバーに「抜刀」させるコストに充てる為に使われ、キャラクターはセイバーにならないとダイレクトアタック出来ない制約受けます
フィールドは、スポットと言うマス目で区切られ、3つの階層を戦線1・戦線2・サポート・パーティーに解れて管理します
戦闘は、戦線に存在するキャラクター・セイバーが攻撃指示を受けて、同ライン内の戦線に存在するキャラクター・セイバーに攻撃をします
戦闘ダメージの処理は、戦闘に参加したキャラクター・セイバーがお互いにダメージを与え合う方式で、戦闘力が0になると「ダウン」します
セイバーの場合は、同ラインの戦線にキャラクター・セイバーが存在しない時に、ダイレクトアタックとしてプレイヤーに5点のダメージを与えます
キャラクター・セイバーを戦線に送るまでには、キャラクターが初期配置されているパーティーから、一旦サポートを経由して戦線に移動させる必要があります
ゲーム開始にパーティーに置かれたキャラクターは公開されるので、自分も対戦相手もお互いにサポートに移動するカードを確認して、行動する事が出来ます
対戦相手の動きによって、戦線・サポートへコマを進めるカードを決めるか、或いはブラフによる移動を仕掛けるか選択する事になると思います
また、キャラクターがセイバーになる「抜刀」のルールも、「抜刀」するキャラクターとセイバーが同名である必要があるので、公開されているキャラクターから、対戦のデッキにある脅威(セイバー)を予想する事が可能だと思います
公開情報を増やす事で、より多くの非公開情報を予測して動く必要があり、読み合いが面白そうです
発想の凄さに驚くばかりです
CONFLICT of SAVIORS

セイバー・ウォーズ

公式ページ→セイバー・ウォーズ
カードの方位に着目した自作TCG
勝利条件は、対戦相手のリーダーカードを0枚にする(初期状態:5枚)
リソースに山札を採用していて、旧ガンダムウォーの資源と同じく山札から指定枚数カードを破棄してコストに充てます
このカードゲーム独自のシステムが、山札から1枚1枚表にしてから破棄し、同属性のカードがめくれた時は1枚で4枚分のカウントをする事です
例えば6コストのカードをプレイした時、3枚目に同属性のカードがめくれたら、それまでの2枚+4枚と処理してコスト支払いを満たす事が出来ます
戦闘方法は、縦(攻撃表示)のカードをタップして、前3方向(右斜め前、前、左斜め前)のいずれかを選択して攻撃します
攻撃したカードの数値と攻撃されたカードの数値(カードの表示によって参照する数値が変化)を比較して、敗北した方が破壊されます
この時、カードに書かれた矢印方向への戦闘だった場合は、参照する数値を2倍にして比較します
なので、攻撃でタップする方向(右左)やアンタップする方向にも制限が無く、横(守備表示)からカードを逆位置(カード逆さま)になる様にアンタップする事も出来る様です
若干ルールに不明な箇所もあり、カードが縦(攻撃表示)と横(守備表示)によって参照する数値が変わるルールと、攻撃時にタップしてカードが横になるルールの矛盾から、参照する数値が解らなくなります
一応、ルールには攻撃時に攻撃力を参照すると書いてあるのですが、防御カードと防御表示のカードは守備力を参照にするルール説明があるので混乱します
カード方位によるシステムは斬新で、目の付け所が良いですね

漢字君

公式Twitter→漢字君
漢字を書く自作TCG
勝利条件は、対戦相手よりも多くのポイントを得る
リソース無し、山札無し、手札無し、漢字君1枚+紙とペンを用意して行う奇抜なアイデアのゲームです
ルールもお互いに指定された漢字を10秒以内に紙に書けるだけ書く、書けた漢字の数と画数を掛けたポイントを競うと言う一風変わったものです
使用する漢字君も公式Twitterで配っているフレームを使って、自由に作る事が出来るので、プレイヤーによって漢字君の性能は無限に変化する訳です
どちらかと言えば、カードゲームでは無くボードゲームの色が濃いですが、各々のプレイヤーがメイクした漢字君はトレーディング要素が大きいなと・・・
誰でも遊べるカードゲームなので、漢字を習ってる低学年の小学生にも良いんじゃないかなと思います

カードル♪

公式ページ→カードル♪ 自作TCG
※現在はルールとカードが公開されていますが調整中の様です
プロデューサーとなりアイドルのファンを増やす自作TCG
勝利条件は、対戦相手よりも多くのポイントを得る
リソースはカードの色、楽曲カードを使用する為に合致するアイドルの色と人数が必要になります
戦闘は無く、楽曲カードを使用する毎に増えていくFP(ファンポイント)を競う事になります
どちらかのプレイヤーが楽曲を8枚出すとゲーム終了、条件によってはエクストラスターンに突入します
ゲームシステム上、アイドルカードを引かないとどうしようもない感じなので、ドローカードやサーチカードで水増ししたり、引きムラが無い構築力が求められるのかなと思います
色々とアリスクロスを髣髴とさせる作品です

生物学カードゲーム『CELL』

公式→生物学カードゲーム『CELL』
※体験版PDFは無く製品版のみになっています
生物用語擬人化自作TCG
勝利条件は、対戦相手のライフを0にする(初期状態:2500点)
リソースは、手札を利用するタイプです
カード使用時、カードに記載されたカロリー分だけ手札を捨ててコストの支払いを行います
戦闘方式は、攻撃側が任意のセルを攻撃意思を示し(タップする必要はない?)、防御側が攻撃して来たセルそれぞれに対して防御意思を示すか示さないかの選択をして、示した場合はタイマン勝負になります
お互いにAPをDPに与え合いDPが0になったら破壊されます(だいたい幻想戯作と同じ戦闘処理ですね)
カードの種類は、セル(クリーチャー)、テクノロジー(エンチャント)、オルガネラ(オーラ)、アーティクル(ソーサリー)、アブストラクト(インスタント)と置き換える事が出来るので、MTG系統のカードゲームを見本にしているのかなと思います
独自のゲーム性としては、パートナーシステムを採用している事で、パートナーは「ゲーム中1回使える起動型能力」と「常在型」を持ち、プレイヤーが危なくなればセルとして戦闘する事も可能になっています
Shadoweraやカルテの様なパートナーが盤面にプレッシャーをかけ続けるタイプ(ゲーム中1回効果)と、カオスTCGやFOWの様な永続的な効果とパートナー自身が戦闘介入するタイプを融合した物なのかなと思います(「常在型」能力+戦闘可能である事)
パートナーシステムがゲームに与える影響が気になります

ボーダーワールド

公式ページ→ネコネクトキャット
猫を未来に送る自作TCG
勝利条件は、対戦相手よりも多く得点を得ること
リソースシステムと言うか解りませんが、位置によるカード使用制限あります
戦闘はなく、上手くカードを移動させて得点カードを得ていく…ゲームなのだけれど、他のカードゲームとは独自な要素が大きく、どんなゲームになるかは予測できない
元々カードを使うボードゲームなので、TCG的に考えると(戦闘も無いので)良くないかもしれません
カードを効果を見ると移動効果と得点源になるの2つに別れている様で、これらを駆使して盤面を操作して大量得点を得るゲームになっているのだと思います
個人的に、移動システムをちゃぶ台返しする位置入れ替え系のカードは混沌として面白そうに感じます
時間軸を移動するシステムと聞くと、私はシュレディンガーの猫と言うPSのゲームを思い出します

???

公式Twitter→製作中のTwitter
現在、自作TCGを制作しているTwitterアカウントを発見しました
20枚+6枚のカードを使用するゲームの様ですが、完成品が楽しみです

おわりに

どうだったでしょうか?

色々な自作TCGを見て行くと眼から鱗のアイデアばかりで勉強になりますね
前回の記事で書いた事が、既に自作TCG界では行われていたいりと驚きました
また、自作TCG制作に関する情報が集まれば、見ていきたいなと思います

それでは、次回お会いしましょう!!
関連記事


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line

comment

Secret

ご紹介ありがとうございます!

CoSのプレイ並びにご紹介、誠にありがとうございます!
あのヘンテコなルールも読み込んで頂けたようでとても嬉しく思います!

お世話になっています。

Twitterの方ではどうも、リアルでもたまにどうも。
こちらの記事を参考にblogのLink集を拡充させて頂きました。
また、覗きに来るかと思いますが、よろしくお願いします。

Re: ご紹介ありがとうございます!

コメントありがとうございます

> CoSのプレイ並びにご紹介、誠にありがとうございます!
> あのヘンテコなルールも読み込んで頂けたようでとても嬉しく思います!

移動系のルールがコンパクトに収まっていたのが面白かったです
リソース源もなるほどーと思いました

Re: お世話になっています。

コメントありがとうございます

> Twitterの方ではどうも、リアルでもたまにどうも。
> こちらの記事を参考にblogのLink集を拡充させて頂きました。
> また、覗きに来るかと思いますが、よろしくお願いします。

リンク集の肥やしになって良かったです
こちらこそよろしくお願いします
line
line

line
日付け
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
27位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line