【ジーククローネ】原田プロデューサーにロングインタビューを読んで

特に更新するネタも無かったので、電撃にあった原田プロデューサーにロングインタビューを読んでみたので、感想等を書いてみようと思います。

感想


読んだ全体像と言うか、やんわりとした印象を言うと「原田プロデューサー頭が良いんだな」と言う感じが伝わりました。
低学歴で小学生程度の知能しか持たない人間(私)としては、こう言うインタビューに対して「本音」と「建前」を使い分けて回答する事が出来無いので、器用な人だなと思いました。
こう言うインタビューを見ると作り手側の嫌な印象と言うか、ふざけた部分が出てしまい読み手として「一番聞きたい事を言ってくれないの!!」とか「嫌味な言い方だな」と思ってしまうのですが、このインタビューにはそう言う事が無く、言葉選びが上手いなと感心しました。

さて、内容ですが、おおまかに分けると「発売当初の失敗について」「改善点」「参戦タイトルについて」「タイトル毎の要素」「5タイトル参戦について」「500円スターターについて」「イベントについて」「進撃の巨人をメインに据えたゲームにするのか」って事ですね。
それぞれについて、私の意見・感想を書いていきたいと思います。

発売当初の失敗について
大体インタビュー通りなのですが、プレイヤーになる前の私は「このTCG面白く無いだろ」と思ってました。
つまり、体験版の時点で切っていたし、体験会を受けても「新規コケるTCGでしょ」と思ってました。
まず、「聖戦のケルベロス」と言うタイトルの知名度が高く無く、TCGプレイヤーで知ってる人なんて、ほんの一握だったと思います。
インタビューでは「カジュアルに遊べるファンタジーものを狙っていた」と答えているのですが、プレイヤーでは無かった頃は「このゲームクソゲーなんでしょ」と同時に、「グリーコケそう」と考えていました。
と言うのも、前評判から「ゲーム製作者がTCGに触った事が無い」だとか「ルールが稚拙過ぎる」と言う事を聞いていたので(※スターター発売前の話です)、物凄く馬鹿にしていました。
多分、多くの人が体験版公開前から「グリーがTCGに参入」と言う事で馬鹿にしていた部分があったと思います。
そうでなければ、スターターの売れ行き悪いなんて事も無いですし、ブースターのスタートでコケる事も無かったと思います。
最初から「カートンプレイヤーが少ないTCG」だった訳です。
勿論、封入率の話や、作風と合って無かったと言うのもそうですが、もっとそれ以前の問題だったと思います。
私が、このTCGに触った理由も、大交流会が決定して、Twitterで「駿河屋でキャンペーン中だから買って見ればw」言われてネタ的な意味で購入しました。
【ジーククローネ】駿河屋でスターター3箱買ってみた
まさか、プレイヤーになるとも知らずに購入した訳です。
恐らく、多くのプレイヤーの視野に入っていないTCGだったのでは無いかなと思います。
私としては、パッケージ化の失敗が「最大の敗因」だと思いました。
最近のTCGが売れる傾向として、ファーストインパクトのパッケージによる購入があると思います。
・美少女メーカーのキャラが戦う
・500円スターター
・人気タイトルの参戦
ゲームの中身よりも「グループ的な購入層が広がるか」を目標にしているのに、ゲーマー達は「ゲームの面白味を秤にしている」と言う、珍妙な状況になっています。
結果的にパッケージで売れて、ゲーム性に拘ってるはずのゲーマーもそれについていく形になるのが、最近のTCGの流れだと思っています。
パッケージ化に失敗したのが、ジーククローネなのでは無いかなと思います。

改善点
インタビュー中に語られた改善点は素晴らしい物だと思いますし、パックを買ってみて「変わっている」と感じました。
私が「ディーラーズ サマーキャラバン」に参加した時の印象も、そんな感じでした。
【ジーククローネ】ディーラーズ サマーキャラバン参加してきました
実演する→質問→実演→質問・・・と淡々と続く感じでした。
ルールティーチングが一新され良かったなと感じます。

参戦タイトルについて
TCGの男女比を近い物にして、受けの広いTCGにしたいとの事ですが・・・どうなのかな?と思ってしまいます。
今のところ、売れないタイトルに対してもサポートが入っていますが、継続してタイトルを出していくと、どうしても切っていかないといけないタイトルが生まれてしまうので、受けの広さが必ずしも良いとは思えません。
また、TCGプレイヤーと言うのは、コレクターとは違い「環境把握」をしたい物で、この環境の早さについて来られるのかなと心配になります。
ちょっと、早すぎるんじゃないかなと思ってしまいます。

タイトル毎の要素
これについては、凄く好意的に感じます。
ゲームシステムを大幅に変更しないと言う事は、タイトル感相互のルール把握する必要が無いので、TCGプレイヤーじゃない方には優しく、TCGプレイヤーには環境が追いやすくなります。
「ダメージの回復を躊躇」していたという回答も、このゲームが好きな人間としては嬉しいです。
このゲームで「回復」出来たら「回復ゲー」になってしまうのが目に見えているので、バランスの難しいゲーム要素の一つです。
それを、ゲーム制作陣が理解して行わなかった事は、ゲームバランスを理解して調整しているのだろうと期待出来ます。
ただ「サーチ系」はゲームが長くなるからやめて欲しいかも・・・

5タイトル参戦について
バランス良く販売する事を狙ったらしいですが、タイトル間格差が出てしまわないか怖いです。
特に「作品は不人気、カードは強い」タイトルがあると、そのファンが可哀想かなと・・・そんな上手くバランスを取る事なんて不可能に近い訳ですから、仕方ない事ですが「タイトル間格差」と言う物が少なければ良いなと思います。
こう言うのは、ゲーマーが介入してきて壊してしまう物なので、ファンゲームとして売り出したいと考えてる場合は、成功するのか心配です。
しかし、格差ケアはあるそうなので、手腕に期待したい所です。
私はゲーマーなので、環境についていけるかが心配だったり・・・

500円スターターについて
2個で全て揃うのは、非常に良いと思います。
また、封入カードも悪くなかったので、今後も期待出来ます。

イベントについて
個人的にTCG物のイベントの中では、最高のイベントだと思ってるので文句はありません。
もっと、お祭りにしても良いと思っています。

進撃の巨人をメインに据えたゲームにするのか
凄い意地悪なインタビューだなと思ったのですが、これについて原田プロデューサーは上手く返したなと思います。
ただ、心配なのは「進撃の巨人」からついてきているファンが、次のイベントについてくるかな?と言う事です。
正直、ジーククローネは「進撃の巨人」と言うタイトルのお陰で、ファンが触れてくれる物になったので、他のタイトルが参入しても「進撃の巨人」を推していかなければなりません。
一気に切り返していくのでは無く、徐々に切り替えていくとしても、タイミングが難しいかなと思います。
TCGとは関係ない部分ですが、心配な要素ではあります。

おわりに


他にも「スタープレイヤー」を作りたいや、「環境を大切にしていきたい」等面白い読み物でした。
私は「スタープレイヤー」なら「てるてるさん」を推したいなと思いますが、どのような仕組みになっていくのか楽しみです。
「1年間遊べる環境を作る」話も良いなと思います。
本当にインフレは心配ですが、公式でも注意して作ってくれるなら安心かなと思ったり、思わなかったり。

とにかく、インタビューのお陰で少し「5タイトル発売」に対して、安心出来る様になったかなと思います。
そんな、私は「聖戦のケルベロス」を使う!!
関連記事


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line

comment

Secret

line
line

line
日付け
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
32位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line