【Shadowera】World Championships2013 アジア・オセアニア予選結果 その1

開催終了から一ヶ月経っていますが、結果報告と大会を振り返りたいと思います。

開催期間:11月12日~12月2日 決勝:12月8日~12月9日
大会概要:World Championships2013参加者を決める予選大会
参加者:42人

「Sunlight jerico様Ver2」
HERO
Jericho Spellbane
ALLY
2 xTainted Oracle
4 xJasmine Rosecult
3 xAeon Stormcaller
3 xArmored Sandworm
4 xPriest of the Light
ABILITY
4 xTidal Wave
3 xRetreat!
3 xBad Santa
3 xRadiant Sunlight
1 xLey Line Nexus
3 xFocused Prayer
WEAPON
4 xWizent's Staff
ARMOR
2 xThe King's Pride

Sideboard
ALLY
1 xTainted Oracle
ABILITY
4 xHealing Touch
1 xRetreat!
1 xLey Line Nexus
1 xFocused Prayer
WEAPON
2 xGhostmaker


まずは、多くの人が体験をした事が無いと思われるので、大会参加への道のりを書きたいと思います。
大会参加への道
まず、この「アジア予選」とやらを知ったきっかけは、shadowera第5回大会参加の為に登録していた「トムの知恵」と言う、ShadoweraSNSも情報でした。
上記、大会後もSNS内の大会に参加したりしていたので(【Shadowera】Atlas Tournament結果【Shadowera】SNS予行大会)、SNS内の記事を覗いていました。
そんな時に、SNSに「アジアトーナメント」と言う日記が投稿されました。
その記事には、参加方法&トーナメントルールが載せられていました。
(※アメリさんは、SNS大会等で対戦した事のあるプレイヤーで、【Shadowera】Atlas Tournament結果【Shadowera】SNS予行大会のあさぎさんです。SNS内では、公式フォーラムの大会案内・更新内容について翻訳等をしている方です。)

トーナメントルールと問題
以下、参加方法とルールについて、箇条書きで紹介します。
参加方法
・公式のフォーラムに登録する(→登録方法
・地域予選の掲示板に、In-Game Name(ゲームに登録している名前)を書き込む。
・登録後、PM(プライベートメッセージ)が届いた時に、登録したメールアドレスにメールが届く様に設定する。
・トーナメント管理者に、メインデッキ&サイドデッキリストを載せて、PMに送信する。

トーナメントルール
・基本的に【Shadowera】Atlas Tournament結果【Shadowera】SNS予行大会と同じです。
・マッチング決定後、期間内に連絡を取り合いゲームをする日取りを決める。(グリニッジ標準時間で取り決める事)
・試合間のやり取りは、公式チャットルームの利用を推奨する(→公式チャットルーム
・勝負は1マッチ2本先取3本勝負
・1本目に部屋を作ったプレイヤーが、2本目の部屋も作成する。
・1本目の先攻後攻はランダム、2本目は逆になるようにする。3本目はランダム。
・ゲームが引き分けになった場合は、ゲーム数に含まずマッチを続ける(1本目が引き分けならば、再び1本目を行う)
・試合終了後、掲示板に結果を報告する。

と、こんな感じです。
細かい所は「お前らで何とかしろ」って感じで、相手とのやりとりで部屋を作る側を決めたり(本当はルールで決まっているのですが)、サイドボードの時間を作らなくてはいけません。

詳しくは、SNSに登録する事をオススメします。
この大会を紹介してくれた、アメリさんが詳細に流れを書いているので、非情に解りやすいです。

アメリさんの記事のお陰で、公式フォーラムへの参加や、書き込む内容を理解する事が出来ました。
しかし、参加登録やデッキ登録をしても、うんともすんとも連絡が来ないので、しっかりと登録されているのか困惑してしまいました。
大会参加者が多いので、個別返信が無いのは当たり前なのですが、参加者一覧と使用ヒーロー一覧が公開されるまでは、不安でたまりませんでした。

大会前の選択肢
この大会に参加するに辺り、「メインデッキ選び」と「サイドボード作り」が参加者に問われました。
これに日本人参加者の多くは、頭を抱えてしまいました。
私はと言うと、頭が頭痛で痛い並に、デッキ選びに迷っていました。
後述するメタゲームもあり、以下のデッキが候補に上がっていました。
第一候補
Banebow-Arcane BurstデッキVer2
第二候補以下
・Victor Heartstrikerコントロール
・Jericho Spellbaneデッキ
・メイジ
となっていました。
メイジは使い慣れていないので、同型対決で負け確定なので選択肢から外れました。
しかし、ここからのサイドデッキ作りは、困難を極めました。

そこで、SNSに「デッキ調整と手伝ってくれ」と日記を投稿し、調整仲間を募りました。
結果、デッキ調整の為にアメリさんが調整相手として、手を挙げてくれました。(デッキ完成後は、goodueさん等もスパーリング相手になってくれました)
ここで、アメリさんと調整していたのですが、調整中に思うように使いたいデッキが見つからず、試験的にJerichoデッキを使ってみたら、悪くない手応えだったので調整してみる事にしました。

「Sunlight jerico様Ver1」
ALLY
2 xTainted Oracle
2 xAeon Stormcaller
3 xArmored Sandworm
4 xPriest of the Light
4 xKristoffer Wyld
4 xJasmine Rosecult
ABILITY
2 xLey Line Nexus
3 xBad Santa
3 xRadiant Sunlight
2 xFocused Prayer
4 xTidal Wave
WEAPON
4 xWizent's Staff
ARMOR
2 xThe King's Pride


このデッキを調整してみる事にしました。
・・・これがデッキ登録締め切り2日前の話しで、あれこれと案を出して貰いサイドボードを作りました。
デッキが完成したのは、登録締め切り1日前、殆どサイドボードはアメリさんが作った様な物で、メインデッキは私が調整をしました。
この調整に関しては、後日に日記を書きます。
しかし、完成後もアメリさんより
Ley Line Nexusは不要
Ghostmakerはメインでも良いでは無いか?
Bad Santaの必要性と枚数を見直すべきでは?
本当にHealing Touchは入れなくていいの?
と、メインデッキの指摘されていたのですが、私の意見を押し通す形でメインを完成させました。
この意見を押し通した事によって、非情に後悔する事になるのでした。
トーナメント中は「アメリさんの助言を採用していれば・・・」とか「Banebowなら勝てたかも・・・」と、何度も何度も涙目になりました。

想定メタ・間違いメタ
デッキ選びの大きな要因の一つに「メタゲーム」が存在します。
「今は、メイジが強いから、戦士で殴り殺すぜ」
「恐らく、多くのプレイヤーはハンターを使うから、戦士を使うぜ」と、これがメタの初期段階。(どんだけ、戦士推しなんだと言うのは、置いといて)
次に、第二段階に入ると「多くのプレイヤーは、メイジをメタって勝利するだろう。よって、戦士をメタに勝負を挑もう」と思う訳です。

私は、この選択に大きくブレていて「メイジが多い=ハンターを使う」「メイジメタが多い=プリースト」となっていました。
しかし、デッキ調整中に行き着いた結論は「メイジメタも半分居て、メイジその物に当たる確立は5割」=「その5割に勝てるメインボードを完成させて、メイジに勝てるサイドボードを作ればいい」と言う物でした。
なので、サイドボード作りに関しても、アメリさんに「メイジに勝てればいい」と言い張り、サイドに「Healing Touch」を4枚入れる事になりました。

しかし、蓋を開けてみれば「8割メイジ」環境に、1割Zaladarが居る感じでした。
完全にメタの読み間違い・・・そして、大会が始まり、それとは別のベクトルの間違いを犯すのであった・・・。


その2に続く
関連記事


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line

comment

Secret

line
line

line
日付け
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
32位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line