“袁”傾国の美幼女?「美羽」

ch_today169

このカードの最大の強さ、それは「真面目一徹・怒りの鉄拳!」を4~3枚投入も可能であること、「げ・ん・き・に・なれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」を1枚、「超元気!!」を積む事もできる、某知り合いの彼に教えたいところである。

利点と欠点を分けて書こう。
利点
・パートナーに選んだ場合は先攻1ターン目に2ドローが可能である。
・パートナーの場合はイベントを多く積むことができる。
・キャラを少なめに構築し、基本的にカウンターを狙う戦い方ができる。

欠点
・デッキ構築時点で勝てる要素がなければ、このカード自体が敗北を誘う(例えば相手の大型パートナーを対処できない等)
・大型貫通型のデッキで序盤のゴリ押しに対処できなければ早期にゲームが終わってしまう
・後半ドローしたくない時にも発動してしまう為、場にそのまま後半まで残るのは非常に厄介
・相手もドローしてしまう為、有利の極まった勝負を一方的にしていない限りはそのドロー効果により不利になる事もある。

此の様に書くと、凄く微妙なカードに見えるが、基本的には強力である。
選択型の効果で無いので、基本的にイベントによるアドバンテージを得ながら戦う事になる。
一番の厄介なシーンは、「有利な事に代わりがないが、有利が揺らぐ可能性のある状況」である。
例えば、場に
10/10、貫通の7/5、8/8が相手の表カード。
こちらは12/12、5/10、このカードが表でデッキは、相手が25枚、こちらが30枚という感じで手札は相手が2枚、こちらは4枚でメインフェイズを迎えた。
ここで、手札にこのカードがエクストラ化可能なカードを引いたという状況。
確かに、ここでこの効果を止めれば、有利である状況をそのままにできるが、ドローの旨みを失う。
しかし、ドローの旨みを得れば、相手がドローする枚数も増え下手に脅威を引かれると負けてしまう。
相手のデッキタイプなどにもよるが、スタンダードでは「貫通」とか「水霊」と書いてあるカードを見たら、このカードの旨味を2ターン程味わったら早期にエクストラ化したいところ、しかし、このカードを軸にした構築ならば、確実にパートナーであるので、後半の「キャンセル」を失うのは辛い。

名前の通り、傾国を誘うカードではあるが、デッキの幅を拡げるのはありがたい、自ターンの4枚引けるので、メイン及び、バトルフェイズに手札を大量に消費してもパートナーアタックにより2枚、そして、バトルフェイズ終了後に1枚の合計3枚を引き入れるのは美味しい。
このことから、やはり「真面目一徹・怒りの鉄拳!」と相性がよく、イベントをピン刺しして対応力を多くしても面白いし、キャラによる引き事故が無いのはありがたい。
相手が引くのを利用した強引なデッキ構築ができる事や、相手より多くイベント・セットを積むことで相対的な場のアドバンテージも稼げるだろう。

このゲームは場に5枚が敷き詰められると後続の戦力は「イベント」と「セット」であり、基本的に、強化=セットカード、妨害=イベントとなるため、キャラ枚数をギリギリにして相手を攻めきるという構築により、揃った時に強いデッキへの早期決着、セットカードを基にしたデッキに対する耐性を持つ反面、大型パートナー、貫通という強引な攻めをするデッキに対しては引いた分脅威が増えるので非常に不利であるが、前述のイベントによる妨害やデッキにピン刺しのカードを使うことなど、なんとか序盤の戦闘をごまかし、場を構築し、ハンドアドバンテージ差での勝利を目指したい。

防御をしながら勝負する形のデッキに投入し、他の「相手もドロー」系のカードを使い相手のドローを加速させるのも面白い。
親睦会で頑張り中!「山科 京」、師の卵「エルルゥ」と一緒に投入して、他のカードは防御重視、相手を強引に裏にするカードを使えば・・・。

「巨人殺し」?そんなのは割ればいい・・・でも、セット割りが手札にこないんですけど・・・。

関連記事


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

line

comment

Secret

line
line

line
日付け
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
27位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line