参加者:2名

てるてるさん、私でした。

TCGの集い ポスター
張るものが無いので強引に・・・

TCGの集い10 賞品
賞品のプロモパックと、初心者用セットを用意しました。

大会開催は13時~だったのですが、てるてるさんが14時30分以降になってしまうとの事で開催時間を、14時30分にずらして開催しました。
その後は会話しつつ大会へ。

結局、ダブルス戦が出来無いので通常の大会になってしまいました。

結果は圧敗!!

TCGの集い10 対戦1
絆除去られたよ><

敗北後は色々と情報を貰いながら、フリー対戦していました。

TCGの集い10 対戦2
赤青聖戦VSガリレイドンナ青
プレイエリアを空にされる。

TCGの集い10 対戦3
パペマスVSフォーチュンフィバー
何故か「鋼鉄の殲滅者 イザベル」にガリガリ殴られる事に・・・

こんな無様な負け方をした私だが、スターターなら勝てるだろうと、てるてるさんから「そにアニ」を借りて対戦しました。

TCGの集い10 対戦4
「そにアニ」強いー!!
やっと、てるてるさんに勝つことが出来ました。
殴るの大好きな私には楽しいデッキでした。

そんなこんなで楽しく遊ぶ事が出来ました。
あと、てるてるさんとお話出来て良かったなと思いました。

TCGの集い10 掃除
大会終了後のお掃除主催者。

今回は、Twitterで大会告知をしていたのですが、大会成立人数を満たす事が出来ませんでしたが、次回以降は満たす事が出来れば良いなと思いました。
柏近辺でジーククローネが盛り上がってくれれば嬉しいなと思います。

来てくれたてるてるさんありがとうございました。
次回のTCGの集いはTCGの集い11(Force of Will&ジーククローネ対戦会)になります。
上手く行けば6月の下旬にジーククローネの個人主催大会が出来ると思います。

これからも月1で「FOW」と「ジーククローネ」はイベントをやろうと思っています。
人が来なくても開催はしていこうと思うので、お暇があれば参加していって下さい。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line

ニクスへの旅ゲームデー


いつものショップで、参加してきました。

使用デッキは、「Five-Alarm Burn」と言う名の「赤単バーン」デッキ。
前回、そこそこいい成績でゲームデーを終えたのと、最近の戦績が悪く無かったので「最悪でも2勝2敗ライン」だろうと考えていました。
デッキも無理な変化はさせずサイドを少し弄った程度。
はてさて、どんな結果になっただろうか・・・。


いざ、勝負!!


1回戦 ボロスウィン ○××

1ゲーム目 後攻
1ターン目「ラクドスの哄笑者」から、「火飲みのサテュロス」と展開されライフをガリガリ削られる。
何とか火力でクリーチャーを除去してから、「モーギスの狂信者」を戦場に出すが1点。
相手が対処法が無いのか、2ターン「モーギスの狂信者」でパンチ、こちらは空中から「チャンドラのフェニックス」で殴られる。
その後は手札の火力切れだけが心配な火力の空中戦が行われる。
なんとかダメージレースを先行してるので、そのまま強引に火力で押し切ると勝利。

サイド
反逆の行動 2枚
頭蓋割り 4枚

炬火の炎 3枚
精神灼き 3枚


2ゲーム目 後攻
相手のサイドボードが解らないが、複数除去出来る「炬火の炎」と先制攻撃を持つ「精神灼き」をサイドイン。
1ターン目から2/2クリーチャーを展開されるが「ショック」で対処。
こちらに「頭蓋割り」を撃たれた後、「どぶ潜み」を戦場に出すが「灼熱の血」を食らってしまう。
返しに「チャンドラのフェニックス」を戦場に出すが、火力で対処されてしまう。
その後、「若き紅蓮術士」を出されたので「炬火の炎」で1:2で本体に火力を打って、「チャンドラのフェニックス」を回収する。
そのまま「チャンドラのフェニックス」で攻撃するが、「頭蓋割り」を食らいライフ7になる。
次のターン3点火力を引けば勝てると言うターンで「山」を引いてしまい、ライフを削られて敗北。

サイドボード
精神灼き 3枚

頭蓋割り 3枚


3ゲーム目 先行
火力枚数で負けてるので火力を増やすサイドボードに。
しかし、序盤から「頭蓋割り」、クリーチャーを出すと「灼熱の血」で、ライフがガリガリ削られていく。
こちらは火力を増やしたのに火力が引くことが出来ず、クリーチャーもタフネス2以下なので除去されてしまう。
「若き紅蓮術士」と「灰の盲信者」を「炬火の炎」で除去ってアドバンテージ稼ぐが微妙な展開に・・・。
そのまま、火力を引ききれないと「戦導者のらせん」を食らい決定手的になる。
負け。

1回戦 黒信心タッチ緑 ××

1ゲーム目 先行
黒信心に普通に回られて敗北
普通に強い
囲い囲い悪魔ー。

サイドボード
モーギスの狂信者 4枚

反逆の行動 1枚
炬火の炎 3枚


2ゲーム目 先攻
1ターン目から「脅迫」、2ターン目「脅迫」で「マグマの噴流」と「パーフォロスの槌」が捨てられる。
その後何とかライフ10まで攻めるが、「エレボスの鞭」から「冒涜の悪魔」を出される。
ライフゲインに対して「頭蓋割り」等無駄なあがきをして「反逆の行動」からライフを攻める。
が、息切れし「エレボスの鞭」と悪魔でペチペチ殴られて敗北。
モーギスはサイドアウトすべきじゃなかったと後悔。

3回戦 黒信心タッチ青 ××

1ゲーム目 後攻
囲い囲い悪魔ーで終わると思いきや、開幕「囲い」以外動かない。
なのでライフを攻めていくが、「エレボスの鞭」が置かれ回復されてしまう。
最終的には悪魔が着地し除去するも「群れネズミ」構えられて敗北。

サイドボード
炎樹族の使者 4枚

反逆の行動 1枚
精神灼き 3枚


2ゲーム目 先攻
どちらもだらだらしたスタートをする。
ライフを攻めるも中途半端に終わる。
「悪夢の織り手、アショク」を出され6枚除外された所でマイナス能力に火力を合わせる。
これ終ったと思いきや2体目の「悪夢の織り手、アショク」が着地「頭蓋割り」2枚使って除去する事に・・・。
そんなだらだら試合をしてる内に火力を引かなくなり、淡々とランドを引く事になる。
そのまま、相手に奪われたクリーチャーに殴られ敗北。

4回戦 不戦勝

完!!

結果は1勝3敗・・・しかし、実際は全敗。
理由は慢心とサイドの不完全さ。
「炬火の炎」はメタ違いだった「灼熱の血」が適切だった。
他にも「精神灼き」等、白青絡みのコントロールが少ない現状では場違いだった。

その後は、「神倒し」をしてみたのですが、これが強い強いと言われる。
しかし、白単を使ったらあっさり勝ってしまう。
更に「大群」の牛さんと勝負し勝利。
かなり暇になったので「神」VS「牛」で勝負してみると「牛」が圧倒的に強い事に気が付く。
3度程戦わせてから「赤単でも勝ちたい」となり、赤単で「神」と「牛」に挑みました。
「牛」はあっさり勝ったのですが、「神」の方が30分くらいゲームをやってやっと勝てました。

入手プロモ
MTG ニクスへの旅ゲームデープロモ

MTG 名誉ある英雄
実績ゲット!!



↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
日時:2014年6/14 土
場所:我孫子市近隣センター8階録音室
千葉県我孫子市本町3-1-2

下記のアドレスの下の方に地図があります。
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/21,18776,41,262,html


対戦会TCG


・Force of Will
・ジーククローネ
の自由対戦会を予定しています。


・上記TCG(上記外のTCGも可能)での対戦、検討会
・初心者講習
・初めてTCGに触れる方へ対戦を体験してもらう
・簡単に書くと、TCGのオフ会みたいな物です


初心者の方や、遊んだ事ない人も気軽に来て下さい。
私がデッキを持っているので、対戦できなくて帰るようなことはありません!

開催時間:13時~17時

参加賞品:英語版Force of Will2パック

参加費:300円

定員(予定):8人

※対戦内容の撮影はOKです。撮影したい場合は機材を持って来て下さい。(動画サイトの投稿等自由です)

※飲食は可能ですが、ゴミは持ち帰って下さい。

※基本、入退出は自由です。

※持ち込みたいTCGやカードゲームがあったら自由に持って来て下さい。その場合、事前にコメント等残してくれるとありがたいです。(私が持ってるかもしれないので)
コメント残してくれると行うゲーム欄に追加します。

※トレードは自由ですが、トラブルの起きない様にして下さい。規約上金銭トレードは出来ません


会場は開きませんが、時間より早く対戦会を行う事も可能です。
比較的早く対戦したい方は、ご希望の時間をコメント下さい。

参加希望の方は、コメント欄に参加希望と持ってくるTCGを書いて下さい。
勿論、飛び込み参加もOKです。

遊びたいなと言う人は、是非来てください!!

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
現在、同人・自主制作TCGに興味のあるプレイヤー・触って欲しい製作者さん募集の記事で、参加表明されている「八宮寝子」さんの「幻想戯作-Land of Amorphous-」が、ゲームマーケット2014春に出展します。

「幻想戯作-Land of Amorphous-」のルールは、シンと言うエネルギーをやりとりしながら「キャラクターカード」や「アタッチメントカード」等を展開し、相手の体力250点を0点にする事を目指すゲームです。
このゲームの特徴として、自分・相手の場に置くことが選択できる「アトモスフィア」と言うカードの存在です。
「アトモスフィアカード」を相手の「アトモスフィア領域」に置いて妨害したり、自分の「アトモスフィア領域」に置いて展開をサポートする等の戦術を取る事が出来ます。
「アトモスフィアカード」のやりとりがゲームの肝となります。
また、もう一つの特徴として「属性」があります。
場に展開されている属性によって場に出せるカードが限定されたり、維持が出来なくなってりします。
「属性」ルールを利用して展開をコントロールしたり、相手のデッキに入っているカードを読む等の駆け引きをしたりする事が可能になります。

今回、ゲームマーケット2014春から発売される「トライアルデッキ(土属性)」について、幾つか紹介しておきましょう。

土属性は「種別:機械」を利用する事で、「アタッチメントカード」の代用をしたり、強化する事が出来ます。
幻想戯作 神剣の鍛冶師

幻想戯作 聖剣の鍛冶師
それぞれ「設置フェイズ郡」で、手札にある「種別:機械」を「アタッチメントカード」として使用する事が出来ます。
自分の場にあるアタッチメントカードを強化出来るので、「種別:機械」を「キャラクターカード」に置くだけでも意味があるカードです。
更に、双方が場に居ると相互強化が可能なので、出来るだけ場に留めておける様にしよう。

幻想戯作 アキツシマの剣士
同じく「設置フェイズ郡」で、手札にある「種別:機械」を「アタッチメントカード」として使用する事が出来るカード。
その「アタッチメントカード」化されたカードの性質を引き継げるので、強化していく事が出来ます。
元々が大型キャラクターカードなので、1体で盤面をひっくり返す事も出来るでしょう。

幻想戯作 眠りから覚めたアンドロイド
「種別:機械」のカード。
「再生」を持ちのカードで、通常戦闘で倒される事が無いです。
「再生」持ちのカードで、通常戦闘以外では倒される事は無いです。
コスト比強いキャラクターカード。

幻想戯作 大事にされた九十九神
「種別:機械」のカードが破壊される度に強化されるカード。
アタッチメント効果を利用して、ガンガン強化していきましょう。
しかし、リマイジェスカウンタなので、強化が徐々に剥がれていく事に・・・。
憤怒持ちなので「リマイジェスカウンタ」を維持する事が出来ます。

幻想戯作 ものつくりの指先
全体強化カード。
このカードが場にある間にゲームを決めよう!!

この様に「種別:機械」がキーとなるデッキです。

「幻想戯作-Land of Amorphous-」さんは
ゲームマーケット2014春 2014年6月1日(日曜日)
東京ビッグサイト 西4ホール
場所:C12

となります。

興味のある方はブースを覗いて購入してみると良いでしょう。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
前回のデッキレシピ→【MTG】3色不死の隷従ビートダウンVer1【ラヴニカへの回帰ーテーロス:スタンダード】
デッキが3色から2色にする事が出来たので紹介したいと思います。

もっとも単純に「不死の隷従」を使ってみようかと思います。

↓続きをクリックで、デッキレシピが見れます。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

▼『【MTG】白黒不死の隷従ビートダウンVer2【ラヴニカへの回帰ーテーロス:スタンダード】』の続きを読む

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
TCGの集い10(ジーククローネダブルス戦)の大会告知をTwitterで行っていたのですが、その内容が「不愉快になってる」と言うDMを貰いました。
告知についてはあれこれ考えてつぶやいているのですが、参加者が全く居ないので焦っている部分もありました。
その焦りから「注目されれば良い」と考えて、少しハメを外したつぶやきも増えました。
実際、その方がRT率も増えていたので宣伝効果が高くなっていると考えていました。
大会運営者として、多くの人に目が止まり参加者が増えれば良いと考えたのですが、多くの人の目に止まると言う事は、それだけ文面に気を配らなければならない事を忘れていました。
気分を害された方や、不愉快になられえた方申し訳ないです。

もし、気分を害されたり、不愉快になられたら直接DMもリプライでもいいので「不愉快になった」と送ってくれると嬉しいです。
どの文面を直せば良いか、どうすれば参加者が増える様な告知に出来るか考える事が出来るので、直接ご連絡下さい。


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事
line
そう言えば「彼の妄想 クリスタ」が出たので、緑単進撃の巨人って強いんじゃね?
といつものテキトウな考えでデッキレシピを作ってみました。

デッキレシピ


キャラクターカード50枚
AT-SP013 刹那の斬撃 ミカサ 4枚
AT-SP016 彼の妄想 クリスタ 4枚
AT-SP020 食欲旺盛! サシャ 2枚
AT-034 辛辣な ユミル 4枚
AT-037 倒れこむ サシャ 4枚
AT-039 神様? クリスタ 4枚
AT-041 猪突猛進 エレン 4枚
AT-042 静かな怒り ミカサ 1枚
AT-044 冷めた態度 ユミル 4枚
AT-045 動揺する リコ 4枚
AT-048 女神 クリスタ 4枚
AT-052 弛まぬ絆 アルミン 3枚
AT-053 護るべき者のために ミカサ 4枚
AT-PR006 ちみキャラミカサ 4枚

デッキ解説


スキルを入れずに展開力で押すデッキです。
女神 クリスタ
等を利用してキャラクターを展開し、2コストのチャージキャラやドローキャラでリソースを補います。

潤沢なリソースから
彼の妄想 クリスタ

弛まぬ絆 アルミン
の2枚でキャラクターをパンプさせて強化させます。
キャラクターを強くする事で、キャラクターを守る事にも繋がるので重要です。

そして、展開力強化の為にアシストエリアから
動揺する リコ
を場に出し、展開力を押します。
このキャラを「彼の妄想 クリスタ」でパンプさせたりすると、なかなかに面白い動きをします。

展開力を伸ばすために
食欲旺盛! サシャ
で、手札をリセットする事も出来ます。

とにかく展開する事だけを考えたデッキなので、2種の「ミカサ」を引けなかったり、チャージキャラクターを引けないとあっさり負けるかなと思います。

おわりに

急遽考えてみたデッキなのですが、思うほど書くことが無い事に気が付きました。
ただの押せ押せデッキなので、特に難しい事もありません。

しかし、このデッキの問題点として「絶対防衛レヴィアタン」に勝てないんじゃ無いか疑惑と、青単進撃の巨人に勝てないんじゃ疑惑があります。
非常に怪しいと言うか、ネタデッキにしかなっていません。

もっと「彼の妄想 クリスタ」を活かせるデッキはあると思うのになーと思いつつ、ネタが思いつかないので試作デッキとして保留にしたいと思います。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
私が旧環境から、愛して止まない「白ウィニー」ですが、新環境でも使えるよーとの事でレシピを作ってみました。
回して無いですが、戦えるはず・・・多分。

基本的にはダメージ効率の良いクリーチャーで殴る→相手が動く前に勝利ですが、今回はダメージが通りやすいクリーチャーで固めてみました。

↓続きをクリックで、デッキレシピが見れます。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

▼『【MTG】白ウィニーVer1【ラヴニカへの回帰ーテーロス:スタンダード】』の続きを読む

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
最近、考えている事を記事にしようと思います。

3週間ほど前から、「ジーククローネ個人主催大会」と言う物が公開されました。
目的は「ジーククローネ大会事務局ではお住まいの近隣店舗での公認ショップ大会の開催がないユーザー様や交流目的にオフ会を開催したいユーザー様のご意見に答えて個人主催大会のサポート環境を作ります。」と言う事で、ジーククローネのユーザー間交流を円滑にして貰う為、メーカーがユーザーにサービスを開いた事になります。

しかし、私が考えるに「ユーザーはメーカーのサービスを利用する気が無いのかな?」と感じます。
現在、利用している方は、私以外に2名で多いとは言えません。
ジーククローネと言うカードは、メーカーがあちこちに周りコネクトパーティー等を開いてユーザーとの交流を積極的に行ってきましたが、ユーザー側がそれに対して回答を示していない状況が続いていると思います。
回答と言うのはユーザー間の広がりや拡大で、傍から見ているとそれが出来て居ないのかなと思います。
何処かで、停滞しユーザーの広がりが止まっていて、メーカーが広げてくれる事に頼っているのでは無いかなと思っています。
折角、メーカーがユーザー拡大を狙い開けているのに、ユーザーが何もしないのはもったいないかなと思います。

勿論、個人個人の都合や理由もあると思いますが、ジーククローネと言うTCGを続けるならば、ユーザー側も動きを見せた方が良いのかなと考えています。
そうやってユーザーの活性化・動きを見せる段階に来ていると思います。
ジーククローネと言うTCGの渦の中心に居ない人間としては、まだまだ盛り上がりが無く、それはユーザー側に問題があるのかなと考えています。
これで良いと言う感じがして、ここから盛り上げると言う意気込みを感じません。
もっと、ユーザーイベントは盛り上がっていいと思いますし、活気があっても良いと思います。

確かに、ジーククローネの抱える問題としてユーザー数の少なさがあり、個人主催大会に人が集まらないと言う大変さがありますが、そう言う事で動かないと言うのは、結局はジーククローネユーザーの停滞に繋がると思います。
なので「個人主催大会」に活気が出来て、ユーザーが活発に動く様になれば良いなと思います。
利用出来る方は、利用しないと損だと思います。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
レポート的な物を書きたいと思います。

病院が長引き、少し遅刻して到着。
もう既に、何かしら行われた様な後の様で、参加していいのか?と思いつつ席に着席。
するとティーチングが始まり、初心者の方と対戦する事になりました。
最初は「手抜きして負けようかなー」と考えていたのですが、「フェラーリ家の三女 星月」が場に出せる様になってしまったので、手抜きしても勝てる状態になってしまいました。
私が何もしないでターンを渡す様な優しさを持っていれば、逆転のチャンスを与える事も可能だったのですが、そこまでの優しさを持てず、地球の重力に縛られていたので、ボコボコに殴り倒してしまいました。

その後、ルールも覚えたので再戦と言う事で、私は「ガリレイドンナ赤」、相手「進撃の巨人青」を使って対戦する事になりました。
私からすると相手がブン回りしていて、2度「疾風迅雷 リヴァイ」逆転登場や、こちらBP2000並べたターンに「お掃除の達人 リヴァイ」が逆転登場したりとゲームにならないゲームをされそうになりました。
しかし、何とかスキルカードを多用してドローし、盤面を消え返していきました。

すると相手が「これ強い」ポン→「死闘の追憶 リヴァイ」登場。

これで、ダメージレースが逆転し一気にゲームが傾きました。
盤面的に出す必要が無かったのにと思ったので、巻き戻そうと考えたのですが、人の過ちを正す程大人でも無く、人を思う慈悲の心をこれっぽちも持たないので、そのままスルーする事にしました。
結果、勝ったのですが、勝利後に「このカードでダメージ逆転しなきゃ勝ってたよ」と指摘しました。
そう言う話をしている間に、少し「ああ負けてれば良かった」と思いました。
普通、この手のティーチングイベントで初心者に楽しんで貰うには、わざとミスしたり、ギリギリの対戦を演出する為に計算間違いをしたり、ニコニコしながら巻き戻しましょうと相手が有利になるまでドローのやり直しをするものです。
所謂接待プレイの最上級をしなければ、相手に「このゲームは楽しい、俺強いセンスある」と思って貰えないのです。
そのチャンスを特に理由も無く踏み潰す。
ただ、私の目の前に座ったからと言う理由だけで手加減をしない。
これは畜生以下のクソッタレだぜ!!(投げやり)

その後、某てるてるさんとダブルス戦をしたのですが、相手がエレン&ペトラ、 星月&スケッチが周り始めゲームになりませんでした。
確か、15万4000だか6000だかのダメージを受けて負けました。

その後、後ろの方でコスプレイヤーの方と一般プレイヤーさんの触れ合い会が開かれていたのですが、席から見えなかったので、一人ガリレイドンナの緑を回してました。(盛り上がってるので出るに出れない)
私はガリレイドンナなら「緑」を使おうと思うのですが、はっきり言ってガリレイドンナの緑は「面白いけど強くない」色だと思っています。
なので、好きなのですがデッキを作るかと言うと、この前のプレリで貰ったMTGのカード売っぱらってデッキ作るかなーやめよかなーと言う微妙な感じ。
デッキを回してる間も、「なんかこれちげぇよな?」「別のカード入れりゃいいんかなー」と脳内会議してました。

その後は記念撮影をして終わりました。
一応、TCGの集い10の話はしましたが手応えは無い感じで、人が集まりそうも無いなと思いました。

ジーククローネ コネクトパーティー

コネクトパーティーで貰った賞品です。
スターターは要らないので、今度のTCGの集い10の賞品にするか、ジーククローネ始めようと思う人に投げようと思います。


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
もっと相応しいタイトルがあったと思うのですが、いいタイトルが思いつきませんでした。
現在募集している同人・自主制作TCGに興味のあるプレイヤー・触って欲しい製作者さん募集に関する事でもあるので、記事にしようと思います。

同人TCGについて


あまり同人TCG界隈の現状は知らないのですが、同人TCGや自主制作TCGの展望として、何処までを目標にしているのかイマイチ解りません。
例えば「多くの人にプレイして欲しい」とか「商業ベースには乗らないとしても多く売りたい」とかあると思うのですが、外から見ている人間には解りません。
作っている側が楽しめればいいのならば発表する必要は無い訳ですし、発表するからには「目標」があるのかなと思います。
同人TCGについては売っているので利益化を目指してると解るのですが、自主制作の場合は何処までを目指すのか不明呂です。
まずは素人として、その目標を知りたいなと思っています。
目標が明確になれば、作りたいTCGについても掘り下げて行く事が出来るのかなと思います。

次に同人TCGの解らない所は情報交換の場です。
個人制作し制作が行き詰まりを感じた場合や、方法が解らない場合にどうしているのか不思議です。
個人にしろある程度のチームにしろ
・ルール作成
・テストプレイ
・イラスト
・カード作り
をやるのは難しいのでは無いかなと思っています。
同人・自主制作TCG界隈では、そう言う組織的な動きや、横の繋がりの様な物があるのかな?と不思議に思いました。
宣伝についても効果的に行えているのか、色々と気になる所があります。
ココらへんの情報交換が出来ていないのら、そう言う場を設けるべきだなと思いますし、テストプレイヤーを募らなければいけないなと思いました。
これから制作しようとする方にも、情報交換が出来れば良いなと思います。

同人TCGについては、まだまだアイディアやパワーがあると思っています。
しかし、現実には同人・自主制作TCGからプロに転向した方や、商業的成功をしたと言う話を聞きません。(私が情報を受け取って無いだけかもしれませんが)
それは、ノウハウが完成せずに良いアイディアを諦めてしまったり、人が足りずにテストプレイに至らず完成度が低くなってしまう。
また、同人TCGの間で繋がりが薄く、宣伝効率が下がってしまい知名度が劣ってしまうからでは無いかなと思います。
これは非常に惜しい状態だと思いますし、横の繋がりからチーム化し制作を潤滑に出来ればと思っています。
最終的には、同人TCGからプロになる人や、完成度の高い製品を作る事で利益化出来ればと思っています。

そして、制作したTCGを披露する場、触ってもらい対戦する場を用意する。
これが理想的な状態なのかなと思います。
私が目標としているのは、同人TCG単独のイベントで人を呼ぶ事で、より多くの人に触れて貰う事です。
そう言う場を設ける為に、同人TCGの制作チーム(情報交換等を目的にした物)を作って欲しいなと思っています。
ノウハウ等をここで発表して、もっと多くの人に同人TCGの現場を知ってもらう事も目標としています。

ここまで行かなと思いますが、一度同人TCG制作に興味のある人で集まってみたいなと考えています。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
日本選手権も近いので、サイドボード付きのデッキレシピでも公開していこう。
こちらを読むと良いでしょう→【Force of Will】スーサイドブラック2

デッキレシピ


「スーサイドブラック」
ルーラー
爆炎の大将軍(速攻将軍)
魔石デッキ20枚
闇の魔石 20枚
メインデッキ40枚
リゾネイター28枚
墓守の霊 ランターン 4枚
生命を吸いし者 4枚
双刃の骸 4枚
古の黒騎士 4枚
断罪の執行者 4枚
蘇生せし騎士 4枚
屍竜 ドラゴン・ゾンビ 4枚
スペル8枚
闇夜の契り 4枚
死の接吻 4枚
アディション4枚
憎悪の力 4枚

サイドボード15枚
絶望の終焉 4枚
嘆きの豪雨 4枚
魂の緒 4枚
断罪の戦士 ザイン 1枚
セメタリー・ローズ 2枚

デッキ解説


前回のデッキレシピから、2度変更しています。
一時期は「魔石破壊デッキ(所謂ポンザ)」になってました。

「スーサイドブラック」
ルーラー
爆炎の大将軍(速攻将軍)
魔石デッキ20枚
闇の魔石 20枚
メインデッキ40枚
リゾネイター24枚
墓守の霊 ランターン 4枚
生命を吸いし者 4枚
双刃の骸 4枚
古の黒騎士 4枚
断罪の執行者 4枚
屍竜 ドラゴン・ゾンビ 4枚
スペル12枚
闇夜の契り 4枚
絶望の終焉 4枚
嘆きの豪雨 4枚
アディション4枚
憎悪の力 4枚

このデッキの弱点は「殴りきれない」事です。
同系デッキには単純にリゾネイターの枚数差で負け、魔石破壊が邪魔になってしまいます。
もっと軽量化と除去を多くすれば、殴りきれるのでは無いかと考えてリゾネイターを増やす事にしました。
それ以前に、FOWにおけるリソース破壊の戦術は「魔石事故」と言うのが起きないので早さは重要では無く、相手が混色や中速デッキの時に動きを固める意味で使用するのが一番だと思いました。
デッキレシピ自体は悪くないなとは思っていたのですが、実は速攻を殺していると言うアンバランスさを持っていました。

そこで変更点は2点。

1.絶望の終焉→蘇生せし騎士

単純に2回攻撃出来るよねってだけです。
ブン回りした時に「あと5点」とか「3点」のライフを削る時、非常に便利で強いかなと感じました。
「ランターン」で殴る→ブロック→「ランターン」落ちる→「蘇生せい騎士」で殴る→ブロック→条件能力で「ランターン」を拾ってくる→「ランターン」で殴る事が可能になり、強引に押す事が出来ます。
やって強かったと言うよりはやられて強かった動きなので採用しました。
面白い動きとしては「古の黒騎士」を戻して、攻撃力1500速攻で殴るプランです。
そうそう起きにくい状況ですが、「古の黒騎士」の効果を起動しやすくなったかなと思います。

2.嘆きの豪雨→死の接吻

当たり前な事なのですが「危険なカードに対して、最速で行動しよう」と言うのが、TCGにおけるセオリーと言えます。
今までのデッキでそれが出来たかというと胡散臭く、速攻を止める壁を最速で潰したり、より早いデッキに対応する事が出来ませんでした。
例えばライフブレイクから出てきたATK500/DEF1500が出てきた時に、最速で除去しても「自分のターン」だったのが、「死の接吻」ならば「相手のターン」に可能になるのです。
単純に考えてこっちの方が強いとなりました。

2.サイドボード

サイドボードは割りと簡単です。
混色・中速デッキに対して「魔石破壊」で対抗、その場合は「屍竜 ドラゴン・ゾンビ」「憎悪の力」サイドアウト。
ある程度ボードコントロールを狙うタイプのデッキならば「速攻」を捨てて、「断罪の戦士 ザイン」と言う選択もあります。
「断罪の戦士 ザイン」は黒では破壊出来ないアディションを破壊出来るので、そう言うボードコントロールを狙うデッキには刺さるかなと思っています。
「魂の緒」は特殊で、俗に言う「赤月ロキ」への最終兵器となります。
最速でも3ターン目に置かれる「赤い月」に対して、2ターン目に「魂の緒」を置く事でリゾネイターサイズの大きいこちらは押し潰す事が出来るので、相手のライフ数点を削るのには良いのです。
「本当にそれで勝てるの?」
と思うでしょうが、黒単だと割りとどうしようも無いデッキなので、必死に考えた結果「魂の緒」になりました。
また、リゾネイターサイズで勝ってるウィニーデッキ同士の場合、「魂の緒」で消耗戦に持ち込むのも良いかもしれません。
「断罪の戦士 ザイン」も同じ理由で入ってますが、どちらかと言うとウィニー同士の殴り合いや赤青に対する最終兵器と考えています。
「セメタリー・ローズ」に関しては考えてない枠で、コントロールに強いかな程度のカードです。
かなりテキトウなので、他のカードにするべきだと思います。

おわりに

この前のTCGの集い9(Force of Will&ジーククローネ&クロノカードTCG対戦会)結果で、このデッキの底は見えたかなと言う感じはしました。
安定したウィニーには追いつかず、完成したコントロールには対処出来ず、最初の2ターンに全てを賭けるデッキ。
安定性が無いのですが、それを抜けても勝てる訳では無く、想定したメタデッキのどれにも勝てないデッキなので、選択肢に入らないのかなと思います。

日本選手権を考えた場合に、この「スーサイドブラック」は完全にアウトオブ眼中と言う感じで、運良く2戦勝てたとしても上位卓に上がるトップメタには勝ち切れないだろうと思います。
そして、下当たりした場合もサイドから勝てないプランしか無いんですね。

一番の懸念材料と言うか、このデッキの問題は「メインボードでトップメタに勝てない」事で、次の問題が「サイドボード後の完璧なケアに対処出来ない」事です。
今回の大会が早い大会になると知っていれば、殆どのプレイヤーがビートダウンに強いデッキを持ってくる訳で、空中戦が優位になるデッキが強いのが当たり前。
このデッキが空中戦で優位になれるかと言うと、赤と青では無いので制空権を奪えずに負けてしまいます。
特にサイド後は、火力が増えるので苦しくなるんじゃないかなと思います。
冷静に考えて勝てないデッキを持ち込んでも笑われるだけと言うか、ネタにもならないので参加はしない事にしました。

一番大きいのは「死の接吻」が無いんだよ!!

はてさて、もし大会に参加する方が居れば、少なくともこのデッキにメイン・サイド後でフルボッコにする様なデッキじゃないといけませんね。
このデッキに確実に勝てる。運が絡んでも負けないデッキが、デッキ選定の最低限の部分なのかなと思います。
それぐらいに1年以上調整してきて、日本大会には通用しないと感じました。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
参加者:5名


参加者は無理ゲーな毎日さん、Soraさん、コメントをくれた方、かたせんさん、私でした。

会場より早めに、かたせんさんが来てくれたので「WIXOSS」をプレイしました。
感想としては、構築済み白を使ってしまった為にあまり良い感触はありませんでした。
面白い・面白くないを判断するに至らず、ゲームをやってる感じもしませんでした。
面白いと言われて期待のタイトルだっただけに、肩透かしを食らいました。(面白くないなら「面白くない」と言う感触なんですが、そうでもなく・・・使ったデッキが悪かったのかなと)
今度、もう少しやってみようと言う話になりました。

会場が開いたので、早速会場作りを・・・
TCGの集い9 ポスター1

TCGの集い9 ポスター2

TCGの集い9 ポスター3
無理ゲーさんが持ってきた「アンジュ」のポスターや「ドラクエTCG」のポスターも貼りました。
多分、このポスター群の4枚中3枚が関係ない。

まず、日本大会が近い「FOW」をやりました。
TCGの集い9 FOW1

TCGの集い9 FOW2
構築済みデッキで対戦中。
緑単VS緑単と言う不毛な戦いもしたとか、しないとか・・・

TCGの集い9 FOW4
無理ゲーさんの持ってきた「閃光の騎士団長デッキ」にサイドありで挑戦するも敗北。
非常に安定したウィニーデッキで、不安定なスーサイドブラックの息切れを叩かれました。
このデッキの怖い所は、消耗戦に強く、高確率で序盤にジャッジメントするので盤面のクロックを固める事が出来る事です。
早いデッキには「閃光の騎士団長」の「指定攻撃」が刺さり、中速以降のデッキには安定したクロックから押し切る事が出来るので、コントロールデッキにも強いのかなと感じました。
どのデッキに対しても安定した動きが出来るので、調整し続ければ強力なデッキなのでは無いかなと思います。
叩き台として、このデッキに勝てなければ日本大会勝てないのかなと思いながら、中盤以降プレイしてました。
「フォーモアリゾネーターウィン」「オーノー」って感じですね。
もし、日本大会に出るならレシピパクって出ます。

TCGの集い9 FOW5
噂に聞いていた「ロキ赤月」。
ライフを2点まで削ったのですが、勝てませんでした。
状況的にはライフブレイクから「双刃の骸」なら勝ってたと言う状況です。
このデッキの怖い所は1回決まってしまうと1体のリゾネーターからゲーム展開がストップしてしまう事です。
つまり、空中戦になり火力による制空権を握った側が勝利するのです。
やってて「こりゃビートダウンに強いわ」と思ったのですが、家に帰ってから寝ずに考えた結論としては「ビートダウンするしか無いわ」でした。
要は「11点」まで削っていれば勝ち確定なので、3ターン(2ターン)目月着地までに30点削ればいいんですね。
もしくは削ってからの空中戦に持ち込めばいいので、どれだけ多く殴ったかが重要になるのだなと思いました。
強いデッキなのですが、「閃光の騎士団長ウィニー」程脅威を感じませんでした。
ロキ側は火力の数が多い方が勝つので、同系対決の場合はサイドから枚数増やすのかなと思いますが、メインから火力を多めにした方が良いと思いました。

その後、Soraさんのデッキと対戦したのですが負けました。
魔石破壊を多く引いたのですが、引いた分弱いなと感じました。
相手を妨害するのには十分で、盤面勝ってれば勝ち確定なのですが「魔石事故」が存在しないFOWでは、スーサイドと噛み合いが良くない事を痛感しました。
結局、リゾネーターの枚数差分負けたので、素直にリゾネーターを増やすか除去を増やした方が良いなと思いました。
この勝負を分けたのは、「リゾネーター枚数」と「除去枚数」だったと思います。
大きな欠点を見つけて、終盤は「このデッキ考えた奴馬鹿じゃね?」と自暴自棄になってました。

結果、3連敗したのですが、してみて勝てない理由が明確化したから良いのかなと思う半分、「魔石破壊」と言う戦略の脆さに悔しくなりました。
私のデッキは序盤2ターンに全てを賭けるデッキなので、それが成功しガス欠する前に勝たなきゃいけないのに、相手の邪魔なリゾネーターの処理や、あと数点のライフを「魔石破壊」を引く事で無駄にするのは、ゲームを決定的に出来るターンを先延ばしにしてしまう行為だなと思いました。
何処か殴りきれないと言うのは、「魔石破壊」に割いたスロット8枚分によるものなので、リゾネーターと除去に変えるべきだなと思いました。
サイドから「魔石破壊」と「ザイン」による「魔石破壊デッキ」にすれば、コントロールデッキに非常に強いのではないかなと思いました。
「ザイン」自体がジャッジメントすると強力なので、サイドにはありかなと思いました。
あとは「魂の緒」は必須ですね。

次にやったのは「クロノカード」
TCGの集い9 クロノカード
ルールを知らず0から教えて貰ったのですが、これが面白い。
程よく構築を縛り、自由度のあるTCGなので、デッキビルダーとしては大好きなタイプのゲームでした。
盤面がコストになるゲームは多くありますが、ある程度の仮想盤面を考えて展開しなければ勝ちに繋がらず、逆に勝ちに繋がる盤面を作ろうとするとコスト面が圧迫されてしまう面白い駆け引きが出来るゲームでした。
ただゲーム自体は面白いのですが、視覚的なわかり易さが無く、観ていて面白さが無いかなと思いました。
やってないプレイヤーからするとカード名「パンツ」とか「ブラジャー」ぐらいしか面白い要素が無く、地味なゲームになりがちかなと思います。
ルールを知っていてカードを知っていると、カードシナジーの面白さや勝ち筋、戦略性に面白さを感じるのですが、TCGライトユーザー向けなゲームでは無いなと思いました。
やってて欲しいなと思ったTCGでしたし、研究したいなと思いました。


最後は「ジーククローネ」をやりました
TCGの集い9 ジーククローネ
本当は「ミニトーナメント」と「ダブルス戦」をやろうと思っていたのですが、時間の都合が合わず出来ませんでした。
結局、通常交流会と変わらいない事に・・・時間配分を考えてなかった申し訳ない。

ジーククローネについては積極的に取り上げているタイトルなので、あまり語る事は少ないのですが「やりたい人増えればな」と思いました。
視覚的にわかりやすく面白いゲームなので、もっとダイナミックな動きやユーザー側で遊びの幅を広げていければなと思いました。
その内、リミテッドの大会やりたいなと思いました。
どうしても、ユーザーから返ってくる物が少ないので、個人主催イベントをやってるのにもったいないなと思いました。
現在、私以外に1名しか個人主催イベントを開いてる人が居ない状況は好ましく無いのかなと思っています。
メーカー側が必死になってユーザーを広げているのに、ユーザーが足を止めてるのは、古臭い考え方ですが「盛り上げていく気無いの?」と思ってしまいます。
これがメーカーが投げっぱなしなら、私も「しゃーない」と諦めるのですが、メーカー側がユーザーの声を拾って色々やってるので、ユーザーも何かやらないといけないのかなと思います。
内輪向けに盛り上がってれば良いと言うものでは無いのかなと、このTCGに関しては感じます。

あと、番外編で遊んだ「アリスクロス」
TCGの集い9 アリスクロス1
TCGの集い9 アリスクロス2
見ての通り、お互い事故ってました。
これがアリスクロスだ!!


で、今回の主催者なんですが、またもや投げっぱなし運営でした。
時間配分を完全にミスしたのとラジカセすらいじってない時があったので、ダメだなと思いました。
本当は来てくれた方に話す事があったのですが、すっかりそれすらも忘れてしまい、家に帰ってから「しまった」と思いました。
そこそこ重要な事だったので、遠方から来てくれた方に伝え忘れると言うのは痛恨のミスでした。
「ジーククローネ」のダブルスと言い、何をやってるんだと反省しました。


今回の主催者の賞品の引きは、こんな感じでした。
TCGの集い9 賞品1

TCGの集い9 賞品2
これは「当たりだ!!」

来てくれた皆さんありがとうございました。
次回開催はTCGの集い10(ジーククローネダブルス戦)になります。
更に通常のTCGの集いは、6月中旬頃を予定しています。

これからも月1で「FOW」と「ジーククローネ」はイベントをやろうと思っています。
人が来なくても開催はしていこうと思うので、お暇があれば参加していって下さい。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
WIXOSS DPP当たり

巷で手に入らないと有名な構築済みデッキですが、DPPで「レッドアンビション」が当たりました。

ありがとうDuel Portal運営事務局さん。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
TCGの集い9(Force of Will&ジーククローネ&クロノカードTCG対戦会)の賞品が届きました。

TCGの集い9 賞品1
ジーククローネプロモパック

TCGの集い9 賞品2
英語版Force of Will2パック

TCGの集い9 賞品3
 『世界と世界の真ん中で』ポスター

明日が楽しみですね。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
【ジーククローネ】ダブルスルール(草案)を試して見た所問題点が幾つかあったので、調整してみました。

ジーククローネ タッグ調整

調整点は赤字にしています。

ルール


・フィールド
基本的にお互いのプレイヤーはそれぞれのベースエリア、デッキエリア、リーブエリア、アクションエリアを持ちます。
しかし
・ダメージエリア
・ステージエリア
・アシストエリア
の3つは、プレイヤー2人で共有し1つとします。(アシストエリアは1つと言う概念で、1箇所ではありません。自分のデッキエリアの上等にしましょう


・ダメージエリア
後述するバトルフェイズ処理を行った時に使用します。
通常と違う所は
・2人のプレイヤーで1つのダメージエリアを共有する
6ダメージ与えられた敗北
と言う事です。
例えば、「訓練兵 アルミン」をどちらかのプレイヤーがコントロールしていれば、共有ダメージエリアは青のカードになります。
他にも「人類の怒り」等のダメージエリアの色を参照するカードも、自分のダメージエリアに置かれたカードだけでは無く、パートナーのカードの色も参照します。
次に共有なので、「5年振りの邂逅」等のダメージエリアのカードと手札を入れ替えるカードで、パートナーのカードを手札に加える事も出来ます。

・ステージエリア
後述するバトルフェイズ処理を行う時にも説明しますが、ターン進行チームは同時に「バトルフェイズ」を行います。
その時に「バトルフェイズ開始時」「攻撃キャラ指定時」「防御キャラ指定時」の効果が発動します。
カードの効果範囲についてで詳しく説明しますが、「自分」は「自分のみ」、「相手」は「相手プレイヤー」、「無記名」は双方プレイヤーに適用されます。
例えば「孤高の瞳アニ」は「このキャラクターのみ攻撃キャラクター指定時」を見ると、「自分の」が無いので双方プレイヤーの「攻撃指定キャラクター」を見て、「孤高の瞳アニ」が攻撃してる時のみ効果を発揮します。
次にステージエリアに出た時、双方プレイヤーは双方プレイヤーの出したキャラクターの総BPを計算します。
面倒なのが「守るべき絆エレン&ミカサ&アルミン」等で、この効果は「バトルフェイズ開始時、自分のプレイエリア」のキャラクターのみBPを増やすので、Aプレイヤーがコントロールしていても、Bプレイヤーにまでは効果が及びません。
計算時は混ぜない用に注意しましょう。
Aプレイヤーが「守るべき絆エレン&ミカサ&アルミン」と2体の2コスト以下のキャラクターを攻撃キャラに指定、Bプレイヤーが2コスト以下のBP4000のキャラ2体を攻撃キャラに指定した場合、総BPはBP38000となります。
ここまで見ると、あまり共有する事のメリットは無いように思えますが、ステージエリアのキャラクターを全て「自分の攻撃(防御)キャラクター」と扱う事が出来るので、エフェクトステップのBP強化等をパートナーのコントロールするキャラクターに使用する事が出来ます。

・アシストエリア
アシストのルールも後述しますが、アシストエリアは2人で1つ使用します。
つまり、1ターンに2枚ではなく1枚のみ置かれます

・効果の範囲
カードの効果の範囲は
「自分の(は)」=「自分のコントロールするカード」「自分1人を対象にする効果」
「相手の(は)」=「相手のコントロールするカード」「相手プレイヤーを対象にする効果」
「無記名」=基本的にテキスト従う。
通常通りベースエリアは独自に持つので、メインフェイズに使用する「自分の(は)」のカードは、自分のベースエリアのカードや、自分に対して使用する事になります。
しかし、「相手の(は)」は「相手プレイヤーを対象にする効果」なので、相手プレイヤー双方に影響を与えます。
例えば「男気のあるライナー」で攻撃した場合、「自分の」なのでコントロールしているプレイヤーが1ドローし、「相手は」なので相手プレイヤー2人が1ドローします。
デメリットだけでは無く「躾」や「お掃除の達人 リヴァイ」は、「相手の(は)」なので相手双方のキャラクターを除去します。

・バトルフェイズ処理
通常と違うのが
・アシストステップ
・エフェクトステップ
・ダメージ処理ステップ
の3つです。

・アシストステップ
右に座ったプレイヤーを「攻撃アシストプレイヤー」
左に座ったプレイヤーを「防御アシストプレイヤー」
として
攻撃時にアシストする時は右に座ったプレイヤーが、防御時にアシストする時は左に座ったプレイヤーが行います。

・エフェクトステップ
チームで1つのアクションとします。
なのでAチームがエフェクトステップを利用したら、Bチームに権利が移ります。
それ以外は、通常のエフェクトステップと変わりません。
自分チームの攻撃(防御)キャラクターに対して、能力を使用したり、スキルカードを使用する事が出来ます。

・ダメージ処理ステップ
ダメージ処理は「右に座ったプレイヤー」から行います。
次にダメージが与えられた時には「左に座ったプレイヤー」がダメージを処理を行います。
この様に「右」「左」交互にダメージ処理を行います。
なので奇数ダメージは「右」、偶数ダメージは「左」が基本的に受ける事になります。
「右に座ったプレイヤー」は3枚の逆転登場を行う事が出来て、「左に座ったプレイヤー」は2枚の逆転登場を行う事が出来ます。
ダメージは共有ダメージエリアに置かれるので、ゲーム終了時お互いのカードが解る様にスリーブ使用をお勧めします。

・ターンは同時に行う
チームは同時に「メインフェイズ」を行い、「バトルフェイズ」に入ります。
順番に行いません。
チームメイト同士の相談等は可能です。

・デッキの制限について
推奨なのですが、AプレイヤーとBプレイヤーはタイトルが被っていない事が望ましいです。
被ってしまう場合は、チーム内でカードが被らない様にしましょう。(Aプレイヤーが「刹那の斬撃ミカサ」を入れてる場合、Bプレイヤーは「刹那の斬撃ミカサ」をデッキに入れる事が出来ない)

おわりに


試験的にプレイした所、8点だと対戦がだらけてしまいました。
対戦時間が長くなり、ジーククローネ特有のお手軽さが欠けてしう事と、合計15回の戦闘が面倒に感じてしまいました。(疲労感が・・・)
両者の「逆転登場」が「4回と3回」から「3回と2回」に減ってしまうのはゲーム性を落としてしまうのでは無いかと思いましたが、
また、前回ルールとして記入漏れがあった部分を補足しました。

デッキ制限については「極力つけた方が面白い」です。
お互いのデッキが違う事で戦術軸の違いが出てくるので、タッグならではのシナジーが出来たりします。
同じタイトルの場合は、ルール項の「制限」を付けましょう。

「ダブルス」ルールについて解らない事があればコメント欄にお願いします。
公式ルールではありません。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
日時:2014年5/31 土
場所:我孫子市近隣センター8階第2会議室
千葉県我孫子市本町3-1-2

下記のアドレスの下の方に地図があります。
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/21,18776,41,262,html


タッグルール(ダブルス戦)


・ジーククローネ
のタッグ戦を予定しています。

ルールは【ジーククローネ】ダブルスルール調整版を基にします。

参加について
・個人参加もOK、会場でタッグを組んでもらいます
・タッグを組んでの参加希望もOKです
・当日ルールの確認をします

デッキ制限について
・チーム内では別々のタイトルを使ってください(進撃の巨人&絶対防衛レヴィアタン、進撃の巨人&ガリレイドンナ等)
・チームでタイトルが被ってしまう場合は、カードが被らない様にデッキを調整してください(Aプレイヤーが「刹那の斬撃ミカサ」を入れてる場合、Bプレイヤーは「刹那の斬撃ミカサ」をデッキに入れる事が出来ない)

デッキ貸出もあるので、初心者の方も気軽に参加して下さい。

開催時間:13時~17時

初心者の方1名まで「ジーククローネ「進撃の巨人」 構築済デッキ 人類の絆 Ver.」を渡す事が出来ます。

参加賞品:ジーククローネプロモパック1つ
準優勝チーム:ジーククローネプロモパック1つ
優勝チーム:ジーククローネプロモパック1つ

参加費:300円

定員(予定):8人

※対戦内容の撮影はOKです。撮影したい場合は機材を持って来て下さい。(動画サイトの投稿等自由です)

※飲食は可能ですが、ゴミは持ち帰って下さい。

※基本、入退出は自由です。

※持ち込みたいTCGやカードゲームがあったら自由に持って来て下さい。その場合、事前にコメント等残してくれるとありがたいです。(私が持ってるかもしれないので)

※トレードは自由ですが、トラブルの起きない様にして下さい。規約上金銭トレードは出来ません


参加希望の方は、コメント欄に参加希望を書いて下さい。
勿論、飛び込み参加もOKです。

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
《第二の日の出》が禁止カードになったので弱体化した「サニーサイドアップ」。
結構前から気に入っているデッキで、《信仰の見返り》の無い時代に「【モダン】ノンサニーサイドアップを考える」を書きました。
そんな「サニーサイドアップ」ですが、個人的には「まだデッキとしては弱くない部類」だと思っています。
理由は幾つかありますが、対戦軸が違うと言う事があります。
現在は潤沢なマナベースから3~4色のケアが広いコントロール・ビートダウン、早めにゲーム決めるコンボデッキ、尖ったビートダウンデッキ、コントロールコンボデッキと言う感じ。
4ターン目にゲームを決定出来るデッキならば、対策を持たないビートダウンには勿論、隙の少ないコントロールデッキに対しても戦う事が出来ます。

↓続きをクリックで、デッキレシピが見れます。


↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

▼『【MTG】制限後:ノンサニーサイドアップVer1【モダン】』の続きを読む

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
カードリスト見てねー。
環境速度変化解らねー。
強いカード解らねー。

といつものプレリ参加。(前回も言ってなかった?)

最初の関門「色選択」


今回のニクスへの旅プレリでは、それぞれ特製パックが1つ入った「白」「青」「赤」「黒」「緑」セットのどれかが配られる事になっています。
中身も「道の選択」として、色別「英雄の装備カード」1枚、色別「プレリカード」、色別「ダイス」と、選択したセットによって、内容が変わってきます。
そして、私が選択したのは「赤」!!

理由は、「ギルドギルド門侵犯」「テーロス」プレリリースでお世話になった事や、「マジックセレブレーション」で活躍したので、「赤を使えば勝てる」と思ったからです。
前評判で「白」が大人気だった事もあり、すんなり希望が通り「赤」セットを入手する事が出来ました。(白は参加者18名に対して14人とかでした)
果たして、私はどんなパックに巡り合うのだろうか・・・。
体調が悪かったた為にカードイベント参加できず、今年初大会となった「ニクスへの旅」は如何に・・・

↓続きをクリックで、結果が見れます

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

▼『【MTG】ニクスへの旅プレリリース行ってきました』の続きを読む

関連記事

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
line

line
日付け
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
365位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
33位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line