【同人TCGの集い】幻想戯作大会レポートで、先行して金属性デッキを遊ばせてもらったので、金属デッキの感想と各カードについてレビューを書いていきたと思います

トライアルデッキデッキ感想


トライアルデッキデッキ「金属性」の基本戦術は、所謂クロックパーミッション・・・なんですが、シンを残して構えておきたい不確定カウンターと中堅キャラクターが噛み合わず、追い打ちをかける様にアトモスフィアカードに「シンの増長」が無い為、常に「カウンター用にシンを残したいけど、キャラクターを出さないとクロックが刻めない」と言うジレンマに陥ります
一見すると「不確定カウンター」と「シン供給妨害アトモスフィアカード」の相性は良さそうですが、カウンター用にシンを確保したい「不確定カウンター」との相性は悪く、張られた相手は数ターン待ってシンを十分確保してからキャラクターを出せば良いので、無駄にシンを消費するぐらいなら「不確定カウンター」を構えていた方が強いのです
どちらかと言うと「シン供給妨害アトモスフィアカード」の使い方は、ワントップ型のデッキでデカブツを出した後に盤面ロックする為に使用するか、1ターン目「シンの増長」に対するカウンターカードとしての役割が適当です
挙句に金属性のキャラクターがどいつもこいつもコスト喰い虫で、キャラクターコスト3~4コスト+追加コスト1~2コストでやっと使用に耐えうる物が多く、常にシン不足に悩まされながら3ターン先のシン計算をしなければなりません
ダメージクロックによるプレッシャーをかける事が出来ないので、相手はシンを貯める猶予が与えられ、6シン貯めてから安全にデカブツを着地させるか、「シンの回収」待つ事が出来るわけです
しかし、それぞれのキャラクターが持つユーテリティは高く、このカードゲームでは珍しい確定除去能力やアタッチメント破壊、体力重視の硬い「連撃」等よりどりみどり
水や土の足りない部分や戦術を尖らせる為のパーツとしては優秀ですが、金属性トライアルだけ見ると微妙な印象を受けます
他のトライアルデッキに入っていない優秀なアトモスフィアカードもあるので、2つ購入しておくとゲームの可能性が広がるかもしれません

各カードレビュー


小賢しいバルグ・ベン
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:① 10/10
<< CC >>
このターンに限り、指定のカードの種別を悪魔以外に変更する。
指定されたカードは「種別:悪魔以外」になり、それは他の種別とは重複しない。

はっきり言って弱い
種族書き換えによって効果を発揮するカードも存在するが、なんとも限定的な能力
「悪魔以外」の全ての種族になる・・・妖怪になってぶっ壊れ弓矢でも装備するか?
もし「種別:悪魔以外」と言う特殊な種族になるなら意味が無い

狡賢いベルナ・ベン
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:① 10/10
<< CC >>
このターンに限り、指定のカードの種別を悪魔に変更する。

1シンで何が出来るか考えてみよう
「シンの増長」「シンの貯蓄」「1ダメージエイドカード」「ピュアハート(攻撃10/体力20イラストもカワイイ)」「傷ついた片翼の天使による速攻」「後ろ向きな件」「トークン発生キャラクター」「正常な土地の管理者」「来たれ!集結の時!」「一炊の夢」
それでも、このカードを入れるのかい?

金に宿る岩妖精
キャラクタカード
属性:金属性  種別:妖精
シン:① 20/10
このカードはユーザの任意のタイミングで墓地へ移行してよい。
このカードが墓地へ移行した際、ユーザは「1」シン取得できる。

クロックパーミッションの先陣を切るナイスアタッカー
こいつを1ターン目に出して属性の展開を済ませるのが理想的な展開
実質的に0コストキャラクターなので、劣勢時のチャンプブロックや「大震災」までの繋ぎとしても十分
デカブツのコストが足りなければ切っても良いし、10点ダメージエイドカードはゴミになる
攻撃力重視なのでクロックを刻むカードとしても嬉しい
キャラクターを並べて、3ターン目「勝利の御印」等の攻め方もある
金属性キャラクターのカードデザインとしては素晴らしい
「ピュアハート」と「生贄のヒツジ」の立場とは・・・

魔女のキノコ
キャラクタカード
属性:金属性  種別:植物
シン:① 0/10
<< ① >>
指定のキャラクタカードに「状態異常:呪い」を付与することができる。

実質的なコストは1+Xとなっている
10点火力に弱いものの場に残れば、デュラハン三姉妹の援護カをしてくれる
積極的に「呪い」を使うなら、他に便利なカードが幾つかあるので、不足分を補って投入するなら良いかも

呪われデュラハンのキリリコ
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:② 20/20
呪い状態の相手に攻撃が成功した場合、体力に関係なく一撃で破壊することができる。
破壊されたカードはゲームから除外する。

デュラハン三姉妹
平均的なキャラクターカードだが「呪い」によるプレッシャーをかけられる
「呪い」をちらつかせて攻撃を通したり、デカブツを止めたりも出来る
しかし、先見持ちには弱い・・・「ドラゴンフライ」と「弓鳴らす金妖精」は天敵
属性の展開を済ませるカードとしては軽いキャラクター

嫌われデュラハンのサララコ
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:③ 30/30
呪い状態の相手に攻撃が成功した場合、体力に関係なく一撃で破壊することができる。
破壊されたカードはゲームから除外する。

デュラハン三姉妹
一回り大きくなった事で、先見持ちに落とされる心配は減った
弱くもないし強くもない・・・如何に「呪い」プレッシャーをかけるかプレイヤーの腕次第なカード

弄られデュラハンのミララコ
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:③ 10/40
【連撃 : 魔剣の舞】
呪い状態の相手に攻撃が成功した場合、体力に関係なく一撃で破壊することができる。
破壊されたカードはゲームから除外する。

デュラハン三姉妹
体力が上がり連撃がついた
「大震災」への耐性と「呪い」を利用しなくてもキャラクターを止めるられる性能を持つ
評価が難しいのは連撃の性能で、あらゆるシナジーを考慮に入れると連撃がある方が良いのかもしれないが、単体だと再生を倒しきれなかったり、赤の頭でっかちな天使軍団に一方的に負ける可能性もある
アタッチメント等による強化の可能性を評価するか、打点の低さを嫌うかはプレイヤー次第
私は、奇襲性も考えると連撃の方が利点は多いだろうと考える

キャット・シュレディンガ
キャラクタカード
属性:金属性  種別:獣
シン:③ 30/10
<< CC >> or << ① >>
このターンに限り自分の攻撃力と体力を入れ替えることができる。
この能力は、アタッチメントカード・スキル全てに影響を与える。
ただし、この修正で体力が0になっても墓地に移動することはない。
体力が0の場合、戦闘開始と同時に墓地に移動する。

私のファーストインプレッション「これつえー、強化された猫又だ!!コストの支払い方が選択できるから、色んな使い方出来るぞ!!」
今現在の私「劣化猫又・・・CC効果どうやって使うの?」
全ては「このターンに限り自分の攻撃力と体力を入れ替えることができる。」の「自分の」が原因
大会中勘違いして使用していたけれど、自分の能力値しか変える事が出来ないので、相手の能力値を変更する事は出来ない
一見すると「1コストで火力を無効化出来る」とか「修正値も入れ替えて火力に耐性を持つ」なんて考える事も出来るが、そんな事をするなら、素直に3コスト30/30のキャラクターを投入すれば良い
また、このゲームでは戦闘ダメージを与えるタイミングでの割り込みが不可能なので、相手に戦闘ダメージを与えてから割り込んで攻撃と体力を入れ替える事は出来ない
これを使うなら「猫又」の方が遥かに有用

ホネホ・ネロック
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:③ 30/30
【再生 : 不死者の意地】
ダメージを受けるとすぐに体力が回復する。

無駄に充実している3コスト金属性キャラクターの「再生」担当
再生を持ってるので火力や連撃に強い
余計に「キャット・シュレディンガ」の立場がない

古書の魔物
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:③ 50/30
このカードはアタッチメントカードを装着できない。

デメリットを持つコスト比強いキャラクター
些細なデメリットに対する見返りが強く、低コストで5コスト台のキャラクターと相打ちが狙える
1ターン目に「シンの増長」or「シンの回収」→2ターン目「古書の魔物」+2シン残して構える事ができる為、カウンターやバウンスカードと相性が良い
デメリットも既にアタッチメントで強化されているカードと見れば、3コスト30/30に「虹を描け聖なる弓」(1コスト)が装着されたカードとして、コストパフォマンスの良さが解る
弱点があるとすれば「大震災」に引っかかる事と先見に弱い所だろうか

旧国ブラド侯爵
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:④ 30/40
【吸血 : ブラッドファング】
相手ユーザへ直接ダメージが成功した時、与えたダメージの分だけユーザのライフが回復する。

新能力「吸血」を持つ悪魔
真っ先に思いつくのが「アマノカゴユミ」とのシナジー
これを先に出しておいて「大震災」でブロッカー排除して回復、ブロッカーが出てきたら「アマノカゴユミ」で50点回復、一撃で100点ライフ差を作る事が出来る
その為にお供の「小賢しいバルグ・ベン」で種族変更・・・ちょっとロマンコンボ風味
普通に使用しても悪くないカードだが、低い打点がネック

閻魔
キャラクタカード
属性:金属性  種別:悪魔
シン:⑤ 40/50
<< ②CC >>
指定のアタッチメントカードを破壊することができる。

金属性の5コストキャラクターは、アタッチメント破壊能力持ち
しかし、戦闘能力が4コストバニラキャラクターな上に、能力のコストがCCと扱い難い
2シンも要求するのだからCCが無くても良いと思うのだが、「限定回帰」との兼ね合いだろうか?
一見すると「アマノカゴユミ」や「ランス・オブ・ロンギヌス」のメタカードになりそうだが、立たせておく必要がある上に2シン残してプレッシャーを与える必要があり、メタカードとしての奇襲性も即効性も無い
ブロッカーとしての性能は高いので問題無いのだが、アタッチメントで強化して殴って来た相手に対して、ブロック出来ないジレンマが発生する
因みに、私は最終戦での「このカードを起動出来れば持ち直せる」と言う明確なターンが存在しながら、起動がCCであった為に効果を使用できずに苦い思いをした
なので、私はこのカードの起動までの遅さと決定力の無さをかなり厳しく見ている
他の5コストキャラクターが出た瞬間仕事するので、かなり残念な能力である

加速装置
アタッチメントカード
属性:無属性  種別:-
シン:① +0/+0
「加速装置」を装着したキャラクタは【性質:先見】を持つ。
このカードが破壊された時、装着していたカードも破壊される。
リマイジェスカウンタ:①

かなり弱いカードに見えるが、嫌な駆け引きが出来るアタッチメントカード
基本的に装着したカードの攻撃は通るので、チャンプブロックされたく無い時に使うとダメージを通す事ができる
相手のライフが切迫してる状況では通じない技だが、ライフに余裕があるなら「どうせターン終了時に破壊されるから」と通してくれるだろう
強引にでもダメージを通してライフレースを優位に立ちたい時や、わざとキャラクターを減らし隙を見せて攻撃を誘ったりも出来る
また「ダメージが通る」と事を利用して、「弄られデュラハンのミララコ」に装着し攻撃、相手に「先見と呪いでキャラが倒されるくらいなら、20点なら良いか」と思わせて攻撃を通し、デフェンスフェイズに「猫叉の悪戯」を使用して80点叩き込むのも面白い
心の隙を突くカード、膠着した際にプランがあれば揺さぶりかける事の出来る1枚

デュラハン家の宝剣
アタッチメントカード
属性:金属性  種別:-
シン:② +10/+20
攻撃成功時、相手キャラクタに【状態異常:呪い】を付与する。

デュラハン三姉妹が使うことを許された剣
専用では無いので、他のキャラクターも使えるが、「呪い」が関係無いので修正値のみとなる
2コストで体力強化出来ので、修正値だけ見ても悪くないカード
水と組み合わせて小型キャラクターを「大震災」から守ったり、土と組み合わせてアンドロイドに装着したりすると嫌らしい
「呪い」を有効にするなら、デュラハン三姉妹と組み合わせて「加速装置」と似た使い方が出来るだろう
こちらの場合は、チャンプブロックや相打ち狙いの防御をされる可能性が高いが、「弄られデュラハンのミララコ」から120点叩き込む事が出来る
普通に使用してもキャラクターを必ず落とす事が出来るので、攻撃を牽制する事が出来る

バルムンク
アタッチメントカード
属性:金属性  種別:-
シン:④ +40/+10
【無二 : 駭然の望蜀】
このカードは戦闘終了後に破壊され、墓地には行かずゲームから除外される。
カードが除外された時、シンバンクに「2」シン補充する。戦闘終了時相手を破壊した場合、さらにシンバンクに「2」シン補充する。

コストが半額になるか、全てキャッシュバックするカード
攻撃に使えば相手次第、防御で使用すれば確実に全額戻ってくる
かなりお買い得なカードで、攻撃しながらシンを確保する事が出来るので、バウンスや打ち消しを構える事ができる
打点を通したい場合、気軽に使う事が可能で、相手に嫌な二択を迫る事が出来る
私も大会で、ついでに「セラフィム倒せればいいな」と思って装着したら「セラフィム」を倒す事が出来たので、膠着状態を打開する為に使うと良いかもしれない
しかし、盤面に直接影響を与えるカードでは無いので、不利な状況ではどうしようも無いかも

シンの減少
アトモスフィアカード
種別:- 属性:-
シン:①
流れてくるシンが「1」減少する。
リマイジェスカウンタ:②

先行「シンの増長」に対するカウンターカード
金属性の打ち消しカードは、キャラクターカードを出して属性の展開をしなければ使えないので、先行「シンの増長」の動きを止める事が出来ない
1ターン目「シンの増長」→2ターン目「5コストキャラクター」までに、1コストキャラクター+2コスト打ち消しカードが間に合わないからだ
そこで考えられるのが、このカードで「シンの減少」で5コスト貯めさせなければ、登場を1ターン遅らせる事が出来る
しかし、明確な打ち消しカードでは無いので、ワンテンポ遅らせて何をしたいか考えが無ければ、バウンスか「シンの増長」で返した方が早い
「シンの増長」と違って撃ってれば得をする類のカードではなく、しっかり有効な場面で撃たないとシンを貯める為に1ターン待たれるのがオチである
クロックパーミッション等のテンポデッキなら、展開を遅らせてる間にクロックを刻めるので悪くない選択かもしれない
或いは、自分がデカブツを出したターンに使って、優勢を維持するか・・・
タイミングとデッキを選ぶカードである・・・なら「一炊の夢」でいいじゃん

シュレディンガーの瞳
アトモスフィアカード
種別:- 属性:-
シン:①
このカードが配置された領域側にあるカードの攻撃と体力が入れ替わる。
この能力は、アタッチメントカード・スキル全てに影響を与える。
ただし、この修正で体力が0になっても墓地に移動することはない。
体力が0のキャラクタカードは戦闘開始と同時に墓地に移動する。
リマイジェスカウンタ:②

かなり影響力のあるカード
大会で勝利に導いたカードだから評価する訳では無いが、狙って組むと色々な事が出来るので面白い
頭でっかちを投入して「大震災」と言うアグレッシブなコンボや、防御を固めてから一気に攻めこむなど多様な使い方が出来る
このカードがある事を匂わせれば、対戦相手は迂闊に攻撃できないだろうし、攻撃力0のカードが出しにくくなる
1コストと軽いのも奇襲性があって良い

シンの枯渇
アトモスフィアカード
属性:金属性 種別:-
シン:①
回帰フェイズにシンが流れてこなくなる。
リマイジェスカウンタ:②

「シンの減少」とは何だったのか・・・これこそ真の「シンの増長」カウンターである(あちらは無属性だけど)
これなら2ターン登場を遅らせる事ができるし、登場した所をバウンスや打ち消しで狙い撃ち出来る
無駄なシンの調整等も考えなくて良い・・・完全遮断するのだから調整も何も関係無い
クロックパーミッションでは勿論、「大震災」からロックをかけたり、「機械」デッキで攻め立てるのも良いだろう
「シンの貯蓄」「シンの暴走」と併用すると「シンロック」も可能になる
有効なタイミングはあるもののいつ使っても安定した妨害になる
「一炊の夢」「正常な土地の管理者」等も絡めて、1ターン目「シンの増長」対策しておこう

魂を縛る怨念
エイドカード
属性:金属性  種別:-
シン:①
指定したキャラクタカード、もしくは相手ユーザに対して、10点のダメージが下される。
このダメージで死ななかったキャラクタカードには「状態異常:呪い」が付与される。

10点火力のバリエーションカード
他のカードが10点与えて終わりと性能差が無いのに対して、こいつは「呪い」を与える事ができる
他の奴らが再生に弱いの対して、こいつは間接的に再生を潰せるので、上位互換となる
エイドカードなので奇襲性もあり、対戦相手はデカブツで攻撃する場合、こいつの可能性を常に考えなければならない
デカブツの中で耐性を持つのは、先見を持つ「アキツシマの剣士」ぐらいしか無い
2対1とアドバンテージを失うが、デカブツ相手にアドバンテージ云々を言えるカードゲームでは無いので、相対的に評価が上がる
他の10点火力が10点火力しか仕事しないので、十分優秀なエイドカード

原点回帰
エイドカード
属性:金属性  種別:-
シン:
このカードは設置フェイズ群でしか使用することができない。
場に出ているキャラクタカード1枚を手札に戻すことができる。
アタッチメントカードが装着しているカードは対象にならない。

バウンスカード
このカードゲームでは珍しい問答無用の除去カード
このゲームはコストが使い切りなので、重いカードを使ったターンに使うと後続も潰す事が出来る
シンを補給する手段も多いので、過信は出来ないが妨害カードとしては優秀
金属性を使うなら、どのデッキにも入る・・・と言うか、これ投入しないのに金属性を選択する理由なんかあるのか?

戒厳令
エイドカード
属性:金属性  種別:-
シン:②
【違約① : 契約違反】
相手ユーザが1シンを破棄することでこの効果は発動しない。
キャラクタカードの呼び出しを妨害することができる。
妨害されたカードは墓地へ送らなければならない。

打ち消しカード
使用した感想としては「思ったよりも強くない」と言う印象
2コストで不確定打ち消しカードなので、1枚と2シン失う可能性が高く、撃つタイミングが少ない
手札に抱えたまま腐る可能性も高く、使うなら「シンの枯渇」「原点回帰」のサポートが必須になる
基本的に構築とトライアル対戦では、環境が180度違うので未知数だが、このカードの存在で4コストカードが重要になってくる可能性もある
元ネタの「魔力の乱れ」の様に軽めのカードを狙って使う事も出来るが、コストが使い切りなので2コスト以上じゃないと躊躇してしまう
打ち消すべきカードと打ち消す必要が無い研究次第なカード

盛大なる禁止令
エイドカード
属性:金属性  種別:-
シン:③
【違約① : 法令違反】
相手ユーザが1シンを破棄することでこの効果は発動しない。
種類に関わらずカードの呼び出しを妨害することができる。
妨害されたカードは墓地へ送らなければならない。

3コストになった事で、何でも打ち消せる様になった
4コストアタッチメントや汎用性のあるアトモスフィアカード等、戦況をひっくり返すカードを打ち消す事が出来る
アタッチメントカードは装着までに猶予ターンが長いので、余計に打ち消せる可能性が薄い
キャラクター以外の制限掛かっても確定打ち消しならなぁ・・・

おわりに

金属性トライアルデッキに入ってるカードはどれも癖が強く独特な物が多い
特に、今まで空気だったエイドカードの読み合いが強くなったのは面白い要素であるし、相手のシンを縛る戦略等が追加され、遊びの幅が大きく広がった
新要素の打ち消しカードとエイドカードの影響から、考え無しにデカブツを押し付ける戦術だけでは無く、3~4コストカードも見直されたり、軽めのカードを使った戦術も生まれる可能性もある
デュラハン三姉妹も戦術の軸になりそうなカードで、「十二天将の符」でリアニメイトして使いまわしたり、「雨曝しの雪女」と並んで動きを牽制したり面白い戦術が組める
これで5属性全て揃うので、発売されたら色々試してみよう

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
前回はこちら→【同人TCG】幻想戯作の気になるカード

カードレビュー


幻想戯作 シンの増長
シンの増長
アトモスフィアカード
種別:- 属性:-
シン:①
流れてくるシンが「2」シン増加する。
リマイジェスカウンタ:②

このゲームの代表的なシン増加カード
1コスト払ってシンが2個帰ってくるので、1ターン目に配置出来れば2ターン目に5コスト使用出来る
先出し圧倒的有利、最強のアトモスフィアカード

幻想戯作 シンの貯蓄
シンの貯蓄
アトモスフィアカード
属性:-  種別:-
シン:①
リマイジェスカウンタが②の回帰フェイズにシンが流れてこなくなるが、
リマイジェスカウンタが①の回帰フェイズに流れてくるシンが「4」シン増加する。
リマイジェスカウンタ:③

使い方が難しいシン増加カード
一見一気に加速してる様に見えるが、使用コスト1+次のターン2シン飛ばされるので加速度は「シンの増長」と変わらない
これを使うにはリマイジェスカウンタを1減らすか、相手に押し付けて破壊してしまうのが良い使い方になる
前者は6シンも受け取った時に使い道の明確化、後者はタイミングの難しさが問題になってくる
どちらにしてもカードが2枚必要になるので、ハンドアドバンテージを失ってしまう
こちらがリードしてる時か「シンの増長」を貼られた時に、相手に押し付けてしまうのは強い使い方だと思うが、相手にリマイジェスカウンタを減らすカードがあるとお釣りが帰ってくるので、扱いが難しい
カードデザインとしては読み合い要素が強いカードなので秀逸、アトモスフィアカードの使い方を考えさせてくれる一枚

幻想戯作 シンの暴走
シンの暴走
アトモスフィアカード
属性:-  種別:-
シン:②
リマイジェスカウンタが④③②の時の流れてくるシンが「2」増加するが、
リマイジェスカウンタが①の時、シンの流れが枯渇する。
リマイジェスカウンタ:④

張ってから2ターンシンを増やして、3ターン目に止めてしまうカード
単純に増加分だけ見ると何もしていないカードで、シン加速を見込んで投入すると痛い目に遭う
寧ろ、使い方は3ターン目に流れてくるであろうシンの前倒し、2ターン目に3ターン目得るシンを得て行動する事にある
フレーバーテキストの「時には後先考えずにがむしゃらにやることが成功の秘訣かもしれないね。」にあるように、張ってからシンが加速する1ターン目に「シンの増長」等を使って3ターン目に莫大なシンを利用する為のカードだろう
問題は、現状莫大なコストを支払うコンボが無い事で、丁度8コストの「クラマの大天狗」+「アマノカゴユミ」、9コスト以上消費する「クラマの大天狗」+「十二天将の符」ぐらいしか即効性のある動きが少ない
あとは3ターン目に合わせて「シンの貯蓄」を張ってデメリットを誤魔化す使用法も考えられる
夢のあるカードだが、明確な目的が無ければ何もしないカード

幻想戯作 清貧のバザール
清貧のバザール
アトモスフィアカード
属性:-  種別:-
シン:④
このカードが配置された領域側は呼び出しにかかるシンが「1」シン減る。
リマイジェスカウンタ:②

4コストで2ターンの間コストを軽くしてくれるカード
個人的に、このカードは使えないと思っている
理由は2つ、1つ目は5枚以上カードを使わないと元が取れない事、2つ目は小型が連打出来る森属性はコストを踏み倒せるカードが多い事
1つ目は単純で、呼び出したキャラクターカード枚数×1=コスト総軽減値になるので、元を取るには(このカードは4コストなので)5枚キャラクターカードを呼び出して5コスト軽減しないと意味が無い
2つ目は森属性は1~3コストのキャラクターカードが多いが、それらのコストを踏み倒すカードが多いので、使ってみると予想外に軽減しないと思われる
ならばと中堅~大型を複数展開するには莫大なシンが必要になり、貯めておける12シンでは足りなくなる
コスト加速カードと併用すると手札が枯渇し、目標の5枚のカードを呼び出す前に手札が無くなってしまう
使えるとしたら、ドローソースを連打した後の「天使デッキ」とかか?

幻想戯作 勝利の御印
勝利の御印
アトモスフィアカード
属性:-  種別:-
シン:②
このカードが配置された領域側は相手ユーザへ直接ダメージを与えるたびに「1」シン獲得する。
リマイジェスカウンタ:③

変則型のシン加速カード
2コスト必要なので、少なくとも3回パンチしなければ加速にならないが、3ターン場に残るのでコスト回収する猶予はある
このカードの利点は「狙撃」や「才気」「連撃」で攻撃を叩き込めば、ビートダウンしながら後続キャクターカード分コスト回収出来る点だろう
攻撃が通るカードが2~3枚ある状況なら、毎ターン5コストキャラクターを利用出来る事になる。強力だ
また、回帰フェイズを介さずに得られるので、回帰フェイズに得るシンを止めるカードとも相性が良い
デメリットは、対決フェイズ群中にシンが加速する為に、ビートダウンとしてはワンテンポ遅れてしまう事だろうか
実際は「シンの増長」とタイミングは同じだが、攻撃を介してシンを得る事を考えると致命的な遅れになる可能性もある
例えばキャラクター2枚が攻撃を通せる状況だと「シンの増長」の場合は、1コストで「シンの増長」を配置→次のターン4シン得る→5コストキャラ呼び出しと言う行動が出来る
が、「勝利の御印」の場合は、2コストで「勝利の御印」を配置→2体で攻撃2シン得る→次のターン2シン得る(保留4シン)→1体キャラクターを呼び出す(2コスト使用)→2体攻撃2シン得る→次のターン2シン得る(6シン)→5コストキャラ呼びし→3体で攻撃3シン得る(3シン)→次のターン2シン得る(5シン)と言った動きになる
「情報の乖離」ルールがあるので、少なくとも3キャラクターが攻撃を通せる状況でなければ、次のターンから継続的に「シンの増長」と同じ効果は望めない
その為、劣勢状態で引いてしまうと効果を発揮する事無く、ターンが過ぎてしまう事になる
また、このゲームの戦闘はキャラクター同士のタイマンなので、小型キャラクターが止められてしまう状況だとアドバンテージ損覚悟で攻撃する必要がある
優勢をより確実にしてくれるが、劣勢を有利にもっていくカードでは無いと思われる
相性の良いカードが多い赤茶デッキの軸になりそうなカードで、使い方によっては面白いカードになりそうではある

幻想戯作 奇妙に動き回る影
奇妙に動き回る影
アトモスフィアカード
属性:-  種別:-
シン:② 20/20
アタックフェイズとディフェンスフェイズにキャラクタカードのように扱うことができ、
配置した場所に関係なく、呼び出したユーザが使用することができる。
このカードはアタッチメントカードを装着できない。

実質2コスト20/20のキャラクターカード
一見コスト比微妙なカードだが、相手のアトモスフィア領域を潰したり、全体除去の「大震災」に耐性を持つ
また、「鉄拳制裁」等のダメージ系統にも体制を持ち、相手としては厄介な存在になるだろう
「シンの貯蓄」等と併用してトリッキーな攻め方も出来るので、アトモスフィアカードのルールを活かした戦術を取り込んだデッキを組めるだろう
しかし、2コスト払って20/20を出す事とアトモスフィア領域を潰す事に意義を見出さなければ置物になる可能性も高い
なかなか面白いデザインのカード

幻想戯作 アクティブテンプテーション
アクティブテンプテーション
アトモスフィアカード
属性:-  種別:-
シン:③
このカードが配置された領域側の場にある全てのカードに+10/+0の修正を行う。
リマイジェスカウンタ:②

かなり使用法が難しいカード
一見すると横に並べるデッキと相性が良さそうに見えるが、実際は絶大な効果を得る事は出来ない
基本的に戦闘がタイマンである為、戦闘能力で求められているのは縦に強い突破力で、20/20のキャラクターが30/20になった所であまり脅威では無い
4~5体並んでる状況なら強烈な効果だが、リソースルールや戦闘システムから並べる事が難しく、「カプカプの幼き森の長」や「ラターニャの女戦士」でキャラクターを展開した後に使うか、シン加速からカードを繋ぐ等工夫が必要
3コストと言うのも絶妙で、3コストキャラクターを出した方が有利だったり、1コストの「虹を描け聖なる弓」の方がダメージ効率が良い場合もある
単体カードの突破力で見れば4コストのアタッチメントカードの方が有効で、3コストキャラクターは1体でも仕事をしてくれる事を考えると微妙な立ち位置のカードである
このカードの利点を考えると重ね張り出来る事と、予想外の動きが出来る事だろ
1ターンの内に重ね張り出来れば、ダメージが通るカードの枚数×20上乗せ出来るので、仮に3体通れば60点とかなりのダメージが見込める
また、アタッチメントカードの場合はチャンプブロックによってダメージが通らなくなるが、こちらの場合は枚数さえ揃っていれば、確実にダメージを通す事が出来る
特に終盤戦での睨み合いを押し込むのには有効なカードではある
即効性を考えるなら単体アタッチメントカード、押し切るなら「アクティブテンプテーション」だろうか・・・


幻想戯作 シンの回収
シンの回収
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:-
このカードは設置フェイズ群でしか使用することができない。
シンバンクに「1」シン補充する。

手札1枚が1シンになるエイドカード
加速度は「シンの増長」と変わらないが、タイミングが早く妨害され無い
最強のエイドカードであり、無色のカード

幻想戯作 緊急招集
緊急招集
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
自分のアーカイブからカードを1枚引くことができる。

そこまで悪くなさそうなカードだが弱い
1シンを使用してカードアドバンテージもリソースアドバンテージも得れない事も問題だが、40枚の限られたデッキ枠でデッキ圧縮の為だけに投入するのはもったいない
なら、リソースを増やすカードを3枚入れた方がマシだと考える
ドローソースの詐欺臭い文言が色々あるが、それにしても1シン使用してデッキを37枚にする必要はない
MTGなら1ターン目の土地を有効にする為に、1マナを使用してドローするのも有効な手ではある
しかし、このゲームは消費したリソースが回復しないので、土地システムと同じ運用は出来ない
また、土地システムが無いのでMTGに於ける「無駄なドローをしない為にドローソースを投入」するなんて必要もない
例の「ゼロックス理論」や「Xドロー理論」なんかでも言及されている事でもある(どちらの誤った理論・正しい理論で見ても投入する必要はないと思える)
そもそも、MTG基準で見ても「1マナ1ドロー」は弱い
「相手の手札を見る」なりモード選択型の1つにでもしない限りデッキには入らない
また、フリータイミングで使えるエイドカードが弱いのもの評価を下げる一因である
0コストにしたら壊れているし、1コストにしては重い、2コストキャントリップだと強すぎる気がする微妙な効果

幻想戯作 正常な土地の管理者
正常な土地の管理者
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
指定のアトモスフィアカードを1枚破壊することができる。

アトモスフィア対策カード
アトモスフィアだけを対策を考えた場合は、「一炊の夢」より強力
コンボ的な動きは弱い
「一炊の夢」との比較は後ほど

幻想戯作 一炊の夢
一炊の夢
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
全ての場にあるリマイジェスカウンタを1つずつ破棄する。

間接的なアトモスフィア対策カード
アトモスフィアカード自体を除去できないが、リマイジェスカウンタを減らして破壊する事が可能になる
また、コンボ的な動きも可能で「シンの貯蓄」や相手に「シンの暴走」を押し付けて使うと効果的
しかし、確実性が無い
「正常な土地の管理者」との比較は後ほど

幻想戯作 猫叉の悪戯
猫叉の悪戯
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
このカードを使用したターンに限り、指定したカードの攻撃力と体力を入れ替えることができる。
この能力は、アタッチメントカード・スキル全てに影響を与える。
ただし、この修正で体力が0になっても墓地に移動することはない。
体力が0のキャラクタカードは戦闘開始と同時に墓地に移動する。

「眠たそうな猫叉・タマ」の能力を持つカード
奇襲性が大事な効果なので、エイドカードになった事は嬉しい
現状のカードプールだと、攻撃力と体力が揃えられているカードが多いので、有効な場面は少ないと思われる
それでも「先見」と併用して防御特化カードを突破したり、攻撃特化カードの一打を軽減させる事が出来る
逆に「浄化せよ禊ぎの冠」で体力が低下したカードへ火力を使われた時に、計算を大きく狂わせる事が出来るかもしれない
1枚投入しておくと意外な活躍をするかもしれない

幻想戯作 来たれ!集結の時!
来たれ!集結の時!
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
このカードは設置フェイズ群でしか使用することができない。
自分のアーカイブからカードを2枚引くことができる。

1シンで2枚引けるカード
使えるフェイズは限られるが、「緊急招集」と比べると段違いに強い
2~3枚入れておくと息切れ防止と手数が増える

アトモスフィア対策比較


先に触れた通り2枚のアトモスフィア対策を比較してみよう

幻想戯作 正常な土地の管理者
正常な土地の管理者
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
指定のアトモスフィアカードを1枚破壊することができる。


幻想戯作 一炊の夢
一炊の夢
エイドカード
属性:-  種別:-
シン:①
全ての場にあるリマイジェスカウンタを1つずつ破棄する。


それぞれの利点をあげていくと
「正常な土地の管理者」
・確実にアトモスフィアを破壊出来る
・相手のターン内、いつでも破壊可能

「一炊の夢」
・アトモスフィア以外のリマイジェスカウンタを減らす事が出来る
・対戦側アトモスフィアカードのデメリット部分のみを有効に出来る
・自分側アトモスフィアカードのメリット部分だけを有効に出来る
・複数枚除去出来る可能性もある

こう見るとそれぞれ対応出来るカードと対応出来ないカードが解ってくる
その中から対策したいカードを考えると

「正常な土地の管理者」
対策可能
・アトモスフィアカード全て
対策不可能
・アマノカゴユミ

「一炊の夢」
対策可能
・シンの貯蓄
・シンの暴走
・アマノカゴユミ
対策不可能
・勝利の御印等の常在型能力
・奇妙に動き回る影

対策カードの確実性だけを見ると「正常な土地の管理者」が優れているが、対応力を見ると「一炊の夢」に軍配があがる
特に「シンの貯蓄」や「シンの暴走」を使う場合は、「一炊の夢」の方が良いだろう
それよりも重要なのは、「アマノカゴユミ」と「奇妙に動き回る影」どちらを対策するかになる
「アマノカゴユミ」は、リマイジェスカウンタ1つ(体験版だと2ですが)なので「一炊の夢」を使って破壊する事が出来る
「奇妙に動き回る影」は、リマイジェスカウンタが無いので「正常な土地の管理者」のみで破壊可能
どちらも一長一短なので難しいが、対応力を重視して「一炊の夢」でアトモスフィア対策を良しとするか、手広く確実に対策出来る「正常な土地の管理者」を選択するかはプレイヤー次第

どちらにしても必ず使われる「シンの増長」には対応できる
両方3枚入れる豪腕構築も意外と有効か・・・?

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
あと1週間後に大会なので、気になるカードを幾つかピックアップしてみましょう

カードレビュー



傷ついた片翼の天使
キャラクタカード
属性:炎属性  種別:天使
シン:① 10/10
【才気 : 最期の羽ばたき】
このカードは場に出されてすぐにアタックフェイズに参加することができる。

MTGで言うところの「怒り狂うゴブリン」なんですが、カードヒーロー式のリソースシステムなのでスライ理論が通用しません
追い打ちを掛ける様に、土地システムでは無いのでスライ理論が成立していた「手札事故による優位」が無くなってしまいました(一手早く進んでる分、相手が一手遅れると猶予ターンが無くなる)
代わりに利点もあり、有色1コスト速攻なので属性の展開に困らず、ほぼ確実に1点与えられると言う事ですかね
赤茶向きなカードだろうか

ネハシム・セラフィム
キャラクタカード
属性:炎属性  種別:天使
シン:⑤ 50/50
「ネハシム・セラフィム」が場にいる時、自分の場にいる全ての「種別:天使」に+10/+10の修正を行う。

炎属性最大のキャラ
能力がシンプルな分、他の属性より一回り大きく戦闘面では有利
デカイ=正義なTCGなので、その強さは折り紙つき
更に「浄化せよ禊ぎの冠」と言う、攻防どちらでも使えるアタッチメントカードがあるのも追い風

浄化せよ禊ぎの冠
アタッチメントカード
属性:炎属性  種別:-
シン:② +10/+10
「浄化せよ禊ぎの冠」を装着したキャラクタカードは攻撃意思を示した場合、+10/-10修正を行う。

コスト・修正・能力全てが扱いやすいカード
「先見(先制攻撃)」と「再生」と相性が良い
中型以降の「才気(速攻)」に装着しても奇襲性があって面白そう
いずれキャラは死ぬので高体力キャラで殴る必要があります

虹を描け聖なる弓
アタッチメントカード
属性:炎属性  種別:-
シン:① +20/+0

これと言った特徴は無いですが、「浄化せよ禊ぎの冠」より1コスト軽いので用途によってこちらにした方が良いでしょう
防御を考えなければこちらの方が軽いので、250点削り切るデッキならこちら

ランス・オブ・ロンギヌス
アタッチメントカード
属性:炎属性  種別:-
シン:④ +40/+10
【無二 : 伝説の武器】
このカードは戦闘終了後に破壊され、墓地には行かずゲームから除外される。
除外された時、指定したキャラクタカード、もしくは相手ユーザに対して、40点のダメージが下される。

割りと胡散臭いカード
対戦時、ドラゴンフライに装着されて殴られ、防御したくないしダメージも嫌だなと思ったので、4コスト払う価値があるかもしれません
このカードの強みはチャンプブロックしか価値の無い小粒キャラで高ダメージ又はキャラ2体を葬れる所でしょう
戦闘さえ入れば40点ダメージなので、最後のひと押しにも悪く無い

絶対調律者の奇跡
アトモスフィアカード
属性:炎属性  種別:-
シン:②
このカードが配置された側のユーザへのダメージは全て無効化される。
リマイジェスカウンタ:③

これをどうやって使うのか気になる所
2ターン止められるので決戦兵器:旭日デッキなら・・・


土属性
生贄のヒツジ
キャラクタカード
属性:土属性  種別:獣
シン:① 0/10
このカードが墓地に置かれた時、「1」シンを加えることができる。

実質0コストキャラ
キャラを強化する土属性なら1ターン目からノーリスクで出せるカード
カードアドバンテージは失いますが、シンによる損が無いのでテンポアドバンテージが稼げますね
攻撃力を上げて3コストと同士討ち出来れば合格
終盤のチャンプブロック要員にもなれるので、にらみ合いでも悪くないかも

眠りから覚めたアンドロイド
キャラクタカード
属性:土属性  種別:機械
シン:② 20/30
【再生 : 自動修復】
≪眠りから覚めたアンドロイド≫はダメージを受けるとすぐに体力が回復する。

コスト比スペックがおかしいカード
このスペックで火力が効かないのも強いが、体力重視で止まるカードが多いのも嬉しい
「先見」持ちのカードに対して強いです

ゲイルズ・バッドの開拓者
キャラクタカード
属性:土属性  種別:人間
シン:③ 40/30
設置フェイズ郡で手札から機械をアタッチメントカードのように装着することができる。

またコスト比強いカード
中型キャラで攻めるデッキなら強力

アキツシマの剣士
キャラクタカード
属性:土属性  種別:人間
シン:⑤ 50/40
【先見 : 先の先-居合】
設置フェイズ郡で手札から機械をアタッチメントカードのように装着することができる。
装着したカードが持つ性質も引き継ぐことができる。

土属性最大キャラ
先見持ちで5コストキャラの中では、2番目に戦闘が得意
頭でっかちとは相打ちにならないので、コストを払った分だけ活躍してくれる

決戦兵器:旭日
キャラクタカード
属性:土属性  種別:機械
シン:- 90/90
【再生 : オートリペア】
≪決戦兵器:旭日≫はダメージを受けるとすぐに体力が回復する。
このカードは≪自立歩行するロボット≫、≪飛行するロボット≫、≪大量破壊兵器≫が合体した時にのみ場に出ることができる。
合体に使われた3枚のカードはゲームから除外する。

全カード中最も高い戦闘能力を持つカード
使用するには3枚のキャラカードを揃えなければならずロマンに近い
90点をシュートするカードがあれば・・・

強化外骨格
アタッチメントカード
属性:土属性  種別:機械
シン:③ +20/+20
≪強化外骨格≫を装着したカードは種別が機械に変更される。

バランスの取れたアタッチメント
3~4コストキャラを大型に出来るので3コストでも悪くないカード
しかし、軽く無いのが辛い

ものつくりの指先
アトモスフィアカード
属性:土属性  種別:-
シン:②
このカードが配置された領域側の場にある機械に+20/+20の修正を行う。
リマイジェスカウンタ:②

並べて殴るカード
キャラが3体並んだ3ターン目に狙うとダメーが高そう
「機械」を多く採用しているなら、期限付きのアタッチメントカードとも考えられるので土属性が濃いなら、「強化外骨格」より優先してデッキに入るでしょう


後ろ向きな件
キャラクタカード
属性:水属性  種族:妖怪
シン:① 0/10
「後ろ向きな件」は攻撃意思を示すことができず、ディフェンスフェイズではダメージを受けない。
このカードはアタッチメントカードを装着できない。

火力が無い限り戦闘では死なないカード
「大震災」までの時間を稼ぐ壁になるでしょう
「マヨヒガの門番」とどちらを入れるかは一長一短なので環境次第

雨曝しの雪女
キャラクタカード
属性:水属性  種族:妖怪
シン:② 10/20
<< ①CC >>
指定のカードをCC状態にすることができる。

「大震災」とは違った意味で問題児
単純にスペックで見たただけでもキャラ1体を1コストで封殺しながら、他のキャラで殴る事も出来るカード
時間を稼ぎながらダメージを与えて、相手が展開を狙ってくれば「大震災」をちらつかせれば良い
それ以外にも「CC」系効果を無効化出来るので、効果を使える範囲は広い
のだが、この効果無効の挙動が難しく理解し難い・・・コスト支払いの不発と言う割りと厄介な処理をする

お洒落な白面金毛九尾の狐
キャラクタカード
属性:水属性  種族:妖怪
シン:② 40/40
自分の場に「種別:妖怪」が出るたびにこのカードは-10/-10の修正を行う。

2コスト30/30・水属性と言う化け物
同コスト内の殴り合いではまず負けない
デメリットも「妖怪」さえ出さなければ良いので簡単に回避出来る
能力を「稲荷の空狐」で消すか体力を上げれば「大震災」も耐えられる

カプカプ森のでいだら
キャラクタカード
属性:水属性  種族:妖怪
シン:④ 40/50

4コストキャラ
1コスト高くなれば「クラマの大天狗」がいるので微妙な立ち位置のカード

クラマの大天狗
キャラクタカード
属性:水属性  種族:妖怪
シン:⑤ 50/50
【才気 : 天狗の叡智】
呼び出された際、情報の乖離なく場に出ることができる。

水属性の5コストキャラは「才気」
奇襲性が高く想定外のダメージを叩き出せます
ライフ50以下ならどんなデッキでも、このカードをの存在を考えなければいけない
「連撃」を付けられれば100点ダメージ・・・胡散臭い

カムナビの大酒呑み
キャラクタカード
属性:水属性 水属性
シン⑤ 80/40
このカードは場に出た時はCC状態で場に出される。

水属性最大のキャラ
大きな隙が出来るのでライフに余裕のある時か、ゲームを決定的にする時に使うと有効的か
「アマノカゴユミ」で一撃100点は、十分実用的な組み合わせで狙っていける
どうやってシンをやりくりするか悩みどころ

アマノカゴユミ
アタッチメントカード
属性:水属性  種族:-
シン:③ +20/-20
このカードは「種別:妖怪」にしか装着できない。
「アマノカゴユミ」を装着したキャラクタカードは【性質:狙撃】を持つ。
リマイジェスカウンタ:①

頭のおかしいカード
書いてある事は「20+X点ダメージ」と言うもの
使い捨てなので使い勝手が悪そうカードだが、膠着状態を1枚で突破出来るのでカードアドバンテージどうこうでは無く、これで勝てる
強引にでもダメージレースを進めていけば、「アマノカゴユミ」を引けばいいだけ
デカイ奴はだいたい妖怪なのでデメリットも気にしなくて良い
対水属性では、これの対処法を考えておいた方がいいかもしれない

十二天将の符
アタッチメントカード
属性:水属性  種別:-
シン:④ +40/+10
【無二 : 厳秘の秘】
このカードは戦闘終了後に破壊され、墓地には行かずゲームから除外される。
除外された時、墓地にある任意のキャラクタカードを1枚、必要なシンを「2」減らして呼び出すことができる。

リアニメイトカード
しかし、このカード自体重い(4+装着先のキャラコスト)上に、カードプール上デッキを削るカードも無いので、コストを踏み出すと言うよりはキャラ差を広げるカード
実は森属性と相性がよく、「ラターニャの女戦士」とはコストが噛み合っている
消耗戦に持ち込んでリアニメイトすると面白いカード

大震災
エイドカード
属性:水属性  種別:-
シン:④
このカードは設置フェイズ群でしか使用することができない。
全ての場にいるキャラクタカードに対して、30点のダメージが下される。

圧倒的支配力を持つカード
デカブツが強いTCGなので仕方ないが、このカードの存在が低コストキャラの存在を否定している
対策としてはデカブツのみをデッキに入れる、アドバンテージを失わないカードで殴る、アタッチメントカードで体力を強化しておく、出される前に全力でダメージを与えておく等
相手もカードを2枚失う事を考えて、2~3枚で全力パンチしておくとダメージレースを有利に進める事ができるかもしれない
使われてもどうという事は無いかもしれないが、デッキ構築の時点で存在を考えなければならないのは厄介
「クラマの大天狗」「アマノカゴユミ」「大震災」は水属性要注意カード



ラターニャの女戦士
キャラクタカード
属性:森属性  種別:亜人
シン:② 30/20
このカードが場に出た時、墓地にある「ラターニャの女戦士」を1枚CC状態で場に出してもよい。

1体では問題無いが2体以降は連鎖的に湧いてくるカード
チャンプブロックで相打ち出来たり、自爆狙いで特攻出来るスペックは悪くない

吟遊の銀妖精
キャラクタカード
属性:森属性  種別:妖精
シン:③ 30/40
このカードが場に出た時、墓地にある「種別:妖精」のカードを1枚手札に戻してもよい。
その際、相手ユーザに戻すカードを見せなければならない。

条件付きグレイブディガー
基本的に1対1交換を迫るゲームなので回収は強い気がする

カプカプの幼き賢者
キャラクタカード
属性:森属性  種別:妖精
シン:⑤ 0/10
このカードが呼び出された時、自分の場に「種別:妖精」が1枚も出ていない場合、
手札からシンを支払うことなく、「種別:妖精」を1枚場に出してもよい。
このカードが場にいる時、自分の場にいる全ての「種別:妖精」に+20/+20の修正を行う。

妖精のロード
妖精のコストを踏み倒せるので「カプカプの幼き森の長」があれば連鎖的に妖精を展開できる
全体修正効果が強力で、上手く使えばゲームを終わらせる強さを持っている
プレイヤーのプレイング次第で、ただの20/30になるか大きな脅威になるか選択の難しい1枚

カプカプの幼き森の長
キャラクタカード
属性:森属性  種別:妖精
シン:⑤ 40/40
森属性最大のキャラ
手札に「種別:妖精」がいる場合、シンを支払わず2枚までCC状態にして場に出してもよい。
ただし、場に呼び出す「種別:妖精」の合計シンは4以下でないとならない。

恐らく「場に出た時~」が抜けてると思うのですが、キャラを一気に展開するカード
2コスト+2コストか3コスト+1コストの2体が出るのですが、妖精を見る限り3コスト+1コストになるかなと思います
CC状態なので「才気」を持っていても殴れませんが、このカードはブロッカーになるので他の高コストカードと運用したいカード
しかし、手札にカードが無ければ5コスト40/40なので、不利な状況で引くとイマイチな面もある
実際、私もプレイした時に手札の1コスト出すためだけに使った事があるので、狙って構築とプレイしないと難しい

虹渡りの杖
アタッチメントカード
属性:森属性  種別:-
シン:② +0/+0
このカードは「種別:妖精」にしか装着できない。
「虹渡りの杖」を装着したキャラクタは【性質:先見】を持つ。

「先見」は強いが・・・跡から付加したいかと言うと・・・

クトネシリカ
アタッチメントカード
属性:森属性  種別:-
シン:④ +40/+10
【無二 : 隠然の絆】
このカードが場に出た場合、自分の場に10/10の「種別:妖精」を2体置いてもよい。
「クトネシリカ」は戦闘終了後に破壊され、墓地には行かずゲームから除外される。
このカードは「種別:妖精」しか装着できない。

緑だけ何故か装着制限がある
ブロッカーが湧いてくるが強いかと言われると微妙な気がする
炎や水と比べても微妙・・・幸い森属性ぐらいしか能力が活かせないので制限は気にしなくて済む

カプカプ大樹林の鎧
アタッチメントカード
属性:森属性  種別:-
シン:④ +10/+40
【無二 : 密林の恩恵】
このカードは戦闘終了後に破壊され、墓地には行かずゲームから除外される。
このカードは「種別:妖精」しか装着できない。

ネタ枠ぽいカード
「先見」対策なら「虹渡りの杖」で相打ちやチャンプブロックなりがあります
一方的に倒すならこれも選択肢に入りますが、どのみちこれが剥がれてキャラも死ぬので意味無いでしょう
「再生」を持たせれば化けるだろうか?


次回は、無色カードを紹介

↓投票して頂けると嬉しいです

br_decobanner_20100111030432.gif

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

theme : カードゲーム
genre : ゲーム

line
line

line
日付け
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最新記事
line
プロフィール

R A M U

Author:R A M U
↑画像は真行寺 たつや先生のサイトが閉鎖時のものです。

ゲーム・TCG関係で相互リンク募集中です。

カードプレイヤーです。
弱いです。

現在やっているゲームは
・MTG
・ジーククローネ
・幻想戯作(同人TCG)
・スピリアマテリアルCG(同人TCG)
が主になっています。

基本的に「安価構築」や「低価格デッキ」を目標にデッキレシピを作っているので、予算が少ない方は参考にしてもらえると嬉しいです

記事のブログランキング投票ボタンクリックお願いします。

※ブログレイアウトが崩れている事があるので、症状が出ましたらお知らせ下さい。

※MTGデッキレシピは、追記に収納してあるので「~の続きを読む」をクリックして下さい

※当ブログに掲載しているイラスト・動画の著作権は、全てその権利保有者に帰属します

キリ番踏んだ方は掲示板にカキコお願いします(^_-)-☆
怪しい掲示板

line
RSSリンク
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
WCG (2)
RA (7)
line
リンク
line
相互リンク更新情報
line
人数
line
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
30位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line
スポンサードリンク
line
ほしい物リスト
送られて来たらブログの記事で取り上げます!!
↓↓
ほしい物リスト
↑↑
・オーバーグラス
・アーケードコントローラー
・TCG関連商品
等あります

スリーブ用のほしい物リストも作りました
↓↓↓
欲しいスリーブリスト
↑↑↑
キャラスリーブ~ネタスリーブまで色々あります
line
おすすめ品(Amazon.co.jpアソシエイト)
Youtube rなりきりセット
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1
Coleman(コールマン) メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

Youtube r厳選実況プロ仕様セット
ヘッドセット
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310

ゲームパッド
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK
ELECOM ゲームパッド USB接続 12ボタンアナログスティック搭載 振動/連射 高耐久 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 ブラック JC-U3312SBK

ウェブカメラ
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615

お買い得パック
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX
ラブライブ! スクールアイドルコレクションVol.2 SIC-LL02 BOX

新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター
新世紀エヴァンゲリオン・カードゲーム スターター

TCGで便利そうな物
カラデシュ感あるダイス
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)
Q-WORKSHOP Steampunk Dice Set Brown & Yellow (スチームパンク ダイスセット ブラウン&イエロー)

自動ダイス振り器
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール
大型 電動 ダイスカップ ★ 4座席方向開始ボタン + ダイス(14mm)5個 セット ★ サイコロゲームに最適ツール

ザラザラスリーブ
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル
カードバリアー ハイパーマットシリーズ ハイパーマット パープル

カード保護セット
ピッタリスリーブ カードバリアー100パーフェクト
カードバリアー100パーフェクト



キャラスリーブ
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」
ブロッコリーキャラクタースリーブ Fate/Grand Order 「セイバー/沖田 総司」



キャラスリーブ保護用
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ
カードバリアー キャラクター スリーブ ガード ハードタイプ








line
検索フォーム
line
お世話になってるサイト
line
コラブロ
line
blogram
line
ブログポータルサイト
line
sub_line